ミシェルは、1976年3月35日に生まれた
母親は当時25歳、夫との関係が悪化し、
離婚手続き最中に妊娠に気がついた
貧しいうえ、すでに2人の姉がいたため、
育てられないと判断し、養子に出すことにした
親としての感情が芽生えてはいけないと
娘を抱くことが許されたのは、わずか5分
こうしてミシェルは、養子に引き取られた
当時のアメリカでは、養子契約が成立後、
双方の連絡先は開示しないのが一般的だった
 
ミシェルが引き取られたのは、ダベンポート郊外に住むジョンソン一家
養母は、健康上の理由でもう妊娠はできないとミシェルを迎えた
その4年後に思いかけず妹が誕生
だが両親は、分け隔てなく愛情を注ぎ、ミシェルは伸び伸びと育てられた
5歳の頃、両親から養子であると告げられた
優しい両親に恵まれ、何不自由なく育ったミシェルだったが、
自分はいったいどこから来たのだろう?という思いが募った
 
ミシェルは、養母を伴って養子斡旋エージェント支部を訪ねた
「私の実の両親はどんな人ですか?」
「この子は自分のルーツを知りたがっているんです。会わせていただけませんか?」
養母もフォローしてくれた
「実のご両親に関してお知らせできるのは、この記録だけになっています」
養子に出された時点の両親の年齢、学歴、身長などが記載されていた
だが名前や連絡先に関する記述は一切ない
本人と連絡を取ることは不可能だった
 
それから16年後、ミシェルのコレステロール値が異常な値が出て、
それが後天的な原因なのか、遺伝的な原因なのかを調べるために
再び養子斡旋エージェント支部を訪れた
両親の医療記録を提供され、実の父の遺伝であることが判明した
しかし実の両親の名前は、伏せられたまま
 
ミシェルの実の母親は、離婚した後、2人の娘を育てるために
事務職やバーテンダーなど様々な職を経験
その後 勤務した美容院では、受付業務を担当
明るい性格でスタッフはもちろん、
客からの評判もよく3年で店長補佐まで昇進した
 
養子斡旋エージェント支部の養子ケースワーカーは、
こうした情報をミシェルに教えることができない
それが養子斡旋エージェントの決まりだった
養子ケースワーカーは意を決して「お母様に聞いてみましょうか?」
「それは許されないことでは?」
「原則はそうですが、あなたのお母様も望む場合は、可能です」
 
養子ケースワーカーは、実の母に連絡した
「30年前に養子に出された娘さんが あなたと会いたいと言っていますが」
「無理です。私は生まれたばかりの娘を5分で手放したんです。母親と名乗る資格なんてないんです」
「では娘さんからの手紙ならば受け取っていただくことはできますか?」
母は了承した
手紙を書くにあたって下の名前だけ教えてもらった
手紙は養子ケースワーカーを通し、実の母:キャシー・ハンゼンのもとに届けられた
“親愛なるキャシーへ 私は小さな田舎町で育ちました。今もそこに住んでいます。小学校、中学校、高校とチアリーダーをしてバンドにも入っていました。ダベンポートという町のカプリという美容専門学校を出て、今は美容の仕事をしています。働き始めてもう10年になりました。1999年6月に結婚し、昨年1月に長女が生まれました。娘と共に過ごし絵を描いたりするのが今の生活の楽しみです。私のこと少し書いてみようと思います、私は右利きで買い物が好き。お酒はマルガリータが好きで肉はあまり食べなくて魚が大好き。散歩も好きですよ。動物が大好きでスイミングも好き。あと兄と妹が一人ずついて6人の姪っ子と3人の甥っ子がいます。いつかお互いのストーリーを交換して私の音楽好きや細い髪や笑顔がどこから来ているのかも知りたい。それにこのお尻のお肉も ミシェル”
ミシェルの手紙は、長い間苦しんできたキャシーの心に沁みた
キャシーは養子ケースワーカーに電話した
「今手紙を読みました。ミシェルと会うつもりはないと言いましたが、その言葉撤回させてください。あと手紙にひとつ気になる部分があったんです」
「まずは一度ミシェルと電話で話してみませんか?」
 
その夜、ミシェルは養子ケースワーカーからキャシーの連絡先を聞き、電話をかけた
「もしもしミシェルです」
「ミシェル?お手紙ありがとう。幸せにやってるようね」「はい」
「あなたダペンポートの美容学校に通っていたのね?」
「もう10年くらい前ですけど」
「実は私もダペンポートで働いていたことがあるのよ」
「私も美容学校を卒業した後、1年だけですがダベンポートで働きました」
「本当に?」
2人は互いの記憶を照らし合わせていくと
「じゃ あなたは受付にいたキャシーなの?」
「あなたはネイリストだったミシェルなのね」
「信じられない!」
 
そして2週間後、母娘は再会した
ミシェルは血のつながった2人の姉とも会い、
育ての親や兄妹も含めた家族ぐるみの付き合いが始まった

(12)

スポンサード リンク
幼い頃、親に捨てられ、引き取られた祖父にも
虐待を受けて育ったジョン・ドーラン
ドラックに溺れ、まともな仕事に就くこともできず、
盗みに走っては刑務所暮らしの悪循環
さらにホームレスの仲間にも馴染めずにいた
居場所も無ければ頼る家族や友人もいないどん底の人生だった
 
ジョンは、ホームレスの簡易施設に入ることができた
ある日、同じ施設で暮らしていたベッキーが訪ねて来た
ベッキーはペット禁止の公営住宅に移ることになり、
飼っていた犬のジョージをジョンに押し付けた
ジョージは、3歳のスタッフォードシャー・ブル・テリア
ジョージはジョンの言うことを全く聞かなかった
留守番をさせると部屋中を
荒らしまわるので、仕方なく一緒に連れて出る
徐々にジョージに愛着がわいてきたジョンは、
薬物を断つために薬物中毒の更生プログラムを受け、
治療を受け始めた
 
路上で絵を売るストリート・アーティストを見かける
成績があまり優秀ではなかった少年時代、
唯一学校の教師から褒められたのが、絵を描くことだった
「えっ、おれも絵を描いてみろって?無理だよ いまさら」
それからジョンは来る日も来る日も絵を描き続けた
なけなしのお金でペンや紙を買い、
路上から見える景色をスケッチした
しかし素人の絵が簡単に売れるはずもなく
ジョンの絵は3か月が過ぎても1枚も売れなかった
それでも描き続けた
そんな1人と1匹の姿は、いつしか街で馴染みの光景となっていた
 
冬、コートを着たジョージは、
街の人気者となり写真を撮る人が次々訪れるように
ふとジョンは、ジョージのスケッチを始めた
それまで風景しか描いたことがなかった
ジョンにとって初めて描く動物の絵だった
「これ おいくら?」「買ってくれるんですか?」
ジョンが自分の腕で稼いだ最初の絵だった
それ以降、ジョージを描いたジョンの絵は、少しずつ売れ始めた
ホームレスが描く可愛い犬の絵の噂は、
瞬く間に広がり、ジョージの絵はさらに客を呼んだ
2012年「君がジョン・ドーランだね?」「ええ」「君に頼みがあるんだ」
声をかけてきたのは、アーティストのシチズン・ケーンだった
「今 ロンドンで活躍しているアーティストを集めて大きな展覧会をやろうと思っているんだが、そこに君も是非参加してもらえないかな?」
2013年9月、ジョンにとって初めての展覧会が開かれた
参加したのは著名なアーティストばかり
展覧会は大きな評判を呼び、客が押し寄せた
その中で一番の売り上げを記録したのは、ジョンだった
出品された彼の絵は全て完売
実に300万円以上の売り上げを記録した
それは新人として前例のない驚異の金額だった
その後、ジョンはパリやサンフランシスコでも個展を開催
これまでに4000点以上の作品を売り上げている

(176)

昭和44年、北海道鹿部町で6人家族の長男として生まれる
子供の頃の盛田は、2歳年下の弟:幸司とキャッチボールをして遊んだ
弟は、プロ野球選手になることを夢見ていた
しかし弟は、5歳でリンパ肉腫で亡くなった
それから盛田の目標は、弟が生きられなかった分、
自分がプロ野球選手になる、だった
野球の名門 函館有斗高校でエースとして甲子園に出場
そしてプロになるまで背番号のに弟の写真を縫い込んでプレーした
1987年、伊良部や長嶋一茂、立浪と並ぶ中、
盛田は横浜大洋ホエールズにドラフト1位で入団
弟の夢だったプロ野球選手になることができた
27歳の頃、妻:倫子と結婚
その後、パ・リーグの近鉄に移籍後も
中継ぎとして活躍していたが、ある日突然 身体に異変が起きた
 
自宅で就寝中だったときのこと、
右足に痙攣が…その痙攣は試合前にも…
盛田は脚の痙攣をだれにも相談せず試合に出続けた
 
病院で検査を受けると「脳腫瘍」と医師から診断された
「手術が成功したとしても今後、野球ができる可能性は極めて低いです」
腫瘍は直径6㎝、運動野といわれる手足の動きを司る部分
すぐに手術を行った
12時間に及ぶ大手術だったが、見事 腫瘍を取り除くことができた
後は無事に右足の回復を待つのみ
手術から2日が経った朝、右足だけでなく右手まで動かなくなってしまった
 
「ねぇあなた、天国の弟さんが今のあなたを見たらどう思う?弟さんの分まで野球頑張るんじゃなかったの?」
自暴自棄だった盛田は、妻の言葉に救われた
もう一度マウンドに上がりたい
そして夫婦二人三脚でリハビリを開始
5メートルを進むのに1時間かかった
1日7時間のリハビリを毎日続け、動かなかった右手も
わずか2週間でボールを握れるほど驚異的な回復を見せた
 
大手術から405日、盛田はマウンドに立った
復活のマウンドを三振で飾った
そしてその3年後には、1082日ぶりの勝ち星をあげ、
近鉄の12年ぶりのリーグ優勝に貢献した
その翌年、32歳で現役を引退
 
2005年、脳腫瘍が再発
それから3度の手術をおこなったものの取りきれなかった腫瘍が全身に転移
2015年10が、45歳の若さで この世を去った

(366)

幼い頃から人の役に立つ仕事をするのが夢だった
ヘザー・クルーガーさん(25歳)は、看護助手として働き始めた
次第に体調が悪化、めまいが続き、立っていられないことも
髪の毛も抜け始め、ついには腸の損傷も見つかった
2014年1月、好きだった看護の仕事も辞めざる得なかった
診断は自己免疫性肝炎
体に入った異物を除去する免疫機能が、何らかの異常により
肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃して今う病気
半年後には、余命2カ月を宣告
残された道は、肝臓移植
しかし脳死者を待つ訳にもいかない
生体肝移植しかなかった
適合率が高い家族に加え、従兄弟も提供を申し出たが、適合する者はいなかった
 
わずかな望みにかけ妹と共にドナーを求めるチラシを作成
街頭で配り、Facebookでも呼びかけを募った
それにより一般から10名が提供を申し出てくれたが、適合者はいなかった
 
そんな時にかかってきた一本の電話
 
電話をかけてきたのは、クリス・デンプシー(36歳)
ヘザーの住む町から12キロ離れた村の役場に勤務していた
いつもなら外の店で食べるのだが、この日は店の閉店時間が迫ってため、
2キロ離れた土木部車庫内にある休憩所で取ることにした
そこには補修工事の学生アルバイトたちが、ちょうど休憩していた
「ジャック、元気がないな、どうしたんだ?」
「例のドナーがまだ見つからないんだ」
それは適合検査を受けたヘザーの従兄弟ジャックだった
クリスとジャックは顔見知り程度で言葉を交わしたことはなかった
「僕の肝臓をあげられたら、従兄弟の姉さん まだ25歳だよ」
クリスは、そんな会話を耳にした
名前すら知ら無い女性なのになぜかクリスは気になったてしかたがなかった
3日後には、いてもたってもいられなくなった
自分にもできることはないのかと…
「ジャックだよね…この間 休憩所で君が話しているのを聞いていて従兄弟のお姉さんの話 詳しく聞かせてくれないか?」
詳しい状況をジャックから聞いたクリスは、
「その生体肝移植の検査 受けるよ。もし適合したら僕の肝臓を使ってほしい」
結果は、奇跡的に適合した
 
ドナーの死亡リスクが高い、さらに25%が術後に合併症を起こしているデータもある
母から反対されたが、それでもクリスは、ヘザーに電話をかけた
「もしもしヘザー・クルーガーさんですか?はじめましてクリスと申します。わしたの肝臓を差し上げます」
 
クリスは、困っている人がいれば手を貸さずにはいられなかった
16歳の時には脳死の際の臓器提供を決め、その後 骨髄バンクにも登録
高校卒業後、人を助ける仕事をしたいと選んだのは、海兵隊
除隊後は見識を広めるため大学に進学し、村役場に就職した
違法建築を取り締まる部署に配属されたとき、
車椅子の老人が住む古い家が崩れ落ちそうになっていると聞くと、
法令違反だからと取り壊すのではなく寄付を募って建て直した
 
2015年2月、2人は初めて顔を合わせた
「体の具合はどう?」「大丈夫です。本当にいいんですか?」
「困ってる人がいて僕が役に立てる。それ以上の理由なんて必要ないよ」
「怖くないんですか?」
「全然、誰かの命を救えるなんてこんな素晴らしい体験をさせてもらって むしろ感謝してるくらいだよ」
クリスは移植手術にかかる費用のための募金集めまでかって出た
 
手術までの2か月の間、家族ぐるみで何度も食事や映画に行くなどに機会をもち、移植に反対していた母もヘザーのことを気に入ってくれた
好きな食べ物から映画や読書に至るまで2人の好みはぴったり一致
いつの間にか2人で一緒にいることが当たり前になった
クリスはどんなに苦しくても明るさを失わないヘザーの強さに惹かれ、いつしか恋をしていた
 
しかし手術を目前に控えたある日、
「僕は君に肝臓を提供するけど そのことで僕に借りを作ったとは思ってほしくないんだ。だから手術が終わったら もう無理に僕に連絡したりしなくていい。それぞれお互いの道を歩いて行こう」
クリスは肝臓を提供することを彼女に重荷に感じてほしくなかった
 
2015年3月16日、生体肝移植手術が行われた
クリスは8時間、ヘザーは12時間にも及ぶ大手術だった
結果は、見事成功
肝臓はヘザーの中で正常に機能し始めた
クリスも無事、肝臓は1か月後に元の大きさに戻った
 
手術後 クリスとヘザーは交際し、2016年2月から一緒に暮らし始めた

(116)

2008年 アメリカ カルフォルニア州で悲劇的な事故が起きた
高速道路を走っていた乗用車に後方から大型トラックが衝突
この事故で後部座席に乗っていた3人の幼い命が一度に失われた
運転していたのは、3人の母親だったロリ・コーブルさん
幸せだった家庭が一転、地獄のどん底に突き落とされた
 
●事故で3人の子供を失った母親に起きた1/4000万の奇跡
しっかり者の長男:カイル、少し人見知りな長女:エマ、
お姫様の格好をするのが大好きな次女:ケイティ
そんな子供たちの成長を見守りながらし幸せに暮らしていた
 
そんなある日、長男:カイルの誕生日祝いで遊園地へ行った
夫は仕事だったため、ロリと子供たち3人
その帰り道、車は渋滞に巻き込まれてしまう
遊園地で遊び疲れた子供たちは、みな夢の中
次の瞬間、猛スピードで走ってきた大型トラックに追突された
車の後部座席は跡形もなくなり見るも無残な姿に…
ロリは、すぐに病院に運ばれた
丸一日気を失っていたロリは、脳振とうを起こし、
事故の記憶が一切なかった
「昨日の遊園地の帰り、君の車は事故に遭ったんだ」
「事故?」
「トラックに追突されたんだ」「子供たちは無事なの?」
「落ち着いて聞いてくれ3人とも…死んでしまったんだ」
我が子を3人同時に失い、ロリは泣き崩れた
 
ロリは生きる希望を失い、家でふさぎこむ日々を過ごしていた
子供の声を聞いただけで死んだ我が子を思い出してしまう
「ここにいるのが辛いわ!あの子たちのことが頭から離れないの!わたしがあの子たちを殺したのも同然なのよ。もう生きていく意味がないわ!」
 
ロリは、肉体的にも精神的にも限界に追い込まれていた
このままではロリが自ら命を絶ってしまうかもしれない
そう思った夫は、「もう一度子供を作らないか?」と提案
「いつまでも塞ぎ込んでいても子供たちは喜ばないよ。一緒に前を向いて生きていこう」
 
自分を幸せにしてくれた子供たちに
兄弟を作り、彼らを覚えてもらいたい
その思いを胸に前を向いて生きていこうと決意した
 
1年後、2人に嬉しい知らせが訪れる
「おめでとうございます、妊娠しています。三つ子ですよ!」
さらに「男の子1人、女の子2人です」「信じられない!」
 
この奇跡は、統計上 1/4000万の確率
 
その後、ロリは無事に三つ子を出産
亡くなった3人の命日には、必ず5人でお墓へ行くという

(520)

スポンサード リンク