誰も知らない やしきたかじん 最期の2年間

金スマで紹介された やしきたかじん 最期の2年間

 

2013年1月3日、やしきたかじんは、食道がんでこの世を去った

 

2度の離婚に加え、流した浮世の数々

常に何人もの遊び相手が彼の周りにいた

その交友関係は幅広く芸能人はもちろんホームレスにも友人がいたという

安倍首相は彼を友人と呼び、橋本大阪市長は恩人と語った

彼の信条は、人生太く短く

酒もタバコも浴びるほど、60歳で死んでもいい が彼の口癖だった

 

たかじんの莫大な遺産を狙った疑惑の未亡人として週刊誌を賑わせた女性:さくら

出会ったのは、ちょうど がんが発覚した2年前

その年の差は30歳以上、そして亡くなるわずか3か月前に結婚

事実だけを見ると遺産狙いと言われるだけの根拠が列挙する

 

やしきたかじんが誰とも連絡を取らずにこの世を去った理由

これは本人の意志ではなく若妻による洗脳ではないか?と言われている

 

●誰も知らない たかじん 最期の2年間

 

2011年、20代前半からアメリカに留学し、

28歳でイタリアに渡った森田さくらはネイルサロンを経営

イタリアに永住するつもりだった

ある日、Facebookに見知らぬ男性からメッセージが届いた

男性とさくらを結びつけたのは犬好きのサイトだった

“かわいい犬ですね”“犬がお好きなんですか?”

男性は漢字で家鋪隆仁と名乗り、年齢は62歳

海外での暮らしが長いさくらは「やしきたかじん」を知らず、

男性のことを犬好きのおじさんと思い、メールをやり取りする間柄になっていった

 

Facebookの出会いから2ヵ月が経った2011年12月25日、

さくらは妹の出産のために、一時 帰国、友人と大阪で食事をしていた

たかじんからクリスマスパーティに誘われたさくらは、友人と別れ、

顔を出したらすぐに帰ろう、そんな気持ちで向かう事にした

この時点で たかじんはさくらの顔を知らない

Facebokには犬の写真しか載せていなかった

たかじんはどんな女性が来るのか?ゲーム感覚で楽しんでいたのかもしれない

会場に入り、場違いな雰囲気に帰ろうとした時、たかじんに呼び止められた

「たかじんです。はじめまして」「さくらです。はじめまして」

さくらは たかじんのことを本当に知らなかった様子

「よし今日はさくらちゃんの為に歌う」

たかじんは自身の「♪順子」を歌い、歌詞の「順子」を「さくら」に替えて歌った

 

たかじんと親友の松本哲朗氏によると、

「たかじんの昔の彼女とさくらが激似だった」という

 

帰り際、さくらはタクシー代として1万円を貰った

お小遣いのつもりなの?たかじんとの初めての出会いの印象は最悪だった

 

2011年12月30日、お金を返す事が目的で再び会う事に

「妹さんおめでと。ほな自己紹介させて。僕はテレビに出る仕事をしている歌手やけど売れてません。実は離婚は2回、子供も大きいのがおる」

たかじんは、ほぼ初対面のさくらに対し、自分の過去を赤裸々に語った

そして食事が終わると

「妹さんにお祝いを用意したんやけど、家に取りにこうへん?」

あまりのしつこさに根負けしたさくらは、「じゃぁ受け取ったら帰りますから」

たかじんのマンションに行くと、本当に出産祝いがあった

「ビデオも観て」と見せられたのは、たかじんが出演する番組

そしてパジャマに着替えてきた たかじんは、おもむろに土下座し、

「僕はテレビの中やったらあんなやけど、実際はこんな人間や。でも初めてさくらちゃんに会うた時、これやと思た」

「どういう意味ですか?」

「実は昔すごく好きやった女の人がいてその人にそっくりなんや」

「そうですか」「僕は62歳でこの先 何年 生きられるか、分からへんけど、あなたを最期の女に決めました。だから結婚してください」

「すぐに返事ができないなら結婚を前提に僕と付き合ってもらえないか?」

すると、突然苦しみだした たかじんはトイレに走っていった

「どこか悪いんですか?」「心臓、狭心症らしいわ。時々痛くなるから薬飲んでる」

しかし薬を飲んでも症状は治まらない

心配になった さくらは薬を念のためネットで調べた

薬を飲めば狭心症の痛みはすぐに治まると書いてあった

「もしかしたら狭心症じゃないかもしれません。一度 精密検査をしてもらった方が…」

「分かった。年が明けたら検査に行く」

「今日はゆっくり寝てください。帰ります」

 

2012年元日、“今日は元旦なのに誰とも会わず喋らずの一日でした。明日会いたいです。ウチでおでん作って待ってます”

元日に一人、その文面からは寂しさが伝わってきた

お互い暇だったお正月、2人は毎日のように会った

当然ながらたかじんの話は面白く、

さくらが彼に惹かれるのに時間はかからなかった

そしていつからか交際に発展

 

2012年1月16日、病院で検査したところ食道がんが発覚

「食道がんだった」「どの程度のがんなの?」

「細胞とって1週間後に良性か?悪性か?分かるらしいわ」

さくらはイタリアに帰るのを止め、しばらく日本にいる事を決意

がんが発覚して間もなく、たかじんはさくらを京都に誘った

京都は たかじんが青春時代を過ごした場所

旅の目的は、友人たちを紹介するため

そして検査の結果が出た「やしきさんの食道がんはステージ3です」

5年生存率30%以下、進行がんだった

 

思い詰めたたかじんは

「ステージ3ゆうたら死ぬやんか。あと2ヵ月で死ぬんや」

「手術して治療したら…」

「あと2ヵ月、毎日飲み歩いて新地で死にたい。それが やしきたかじんや。最後までむちゃくちゃして死んでいくような男やないとあかんのや。みじめたらしく命にしがみつくような情けない姿はみせたくない」

翌日、さくらはメールを送った

“じ んちゃんがそういう考えであれば さくらは支えることが出来ません。私が好きになったのは目の前の家鋪隆仁でみんなの やしきたかじんではない。だから治る可能性があるのに元気になる可能性があるのに、一緒にいられる時間が長くなる可能性があるのに、そっちのやしきたかじ んの生き方を望むなら、もう私には何もできません”

そしてたかじんは「治療したいから支えて欲しい…」

彼はさくらという存在を得て、孤独から解放された

その夜、公式サイトでがんを告白し、休養宣言

 

 

2012年4月9日、手術当日

食道の大部分を切除した後、胃を伸ばして残った食道につなげる手術

手術は無事に成功

しかし肉が付着せず、再手術

さくらはICUに泊まり込みで たかじんの介護をする事に

夜は決まって譫妄でうなされるたかじんから一時も目が離せないため、

睡眠はほとんどとっていなかった

 

担当した看護師によると、ナースたちの間で あの女性の目的ってやっぱりお金かなぁと話したこともあります。でもその後の、さくらさんを見ているとお金目的ではとてもできる事じゃないと思いました。本気でたかじんさんを愛しているのが分かりました、と語っている

 

たかじんの手記には、“さくらは金やなしに普通の愛情でうんこも汚いモノもようやってる おかしい 変わってる?普通やない 何が好きで自分からしんどいことするんや 優しい 育ちの良さか?誰より優しくしてくれた 長生きしな 恩返ししなあかん 僕がさくらのめんどうみる”

 

2012年7月、散歩中の2人をFRIDAYにスクープされてしまった

さくらの存在は公になり疑惑の女としてマスコミがマークするようになる

そして彼の死後、ありもしない事実が並べられることになるが、

どんな誹謗中傷を受けてもさくらが口を開く事は一切なかった

 

2012年夏、週刊誌にスクープされた後、

2人は東京を離れ、極秘で北海道に渡った

 

2012年11月20日、ハワイへ

ホノルルには、たかじんが所有するコンドミニアムがある

大好きなハワイで日に日に体力を回復していった たかじんは、

ゴルフまで出来るようになっていた

このハワイでたかじんはたくさんの手記を残している

 

2013年2月、復帰に向けて帰国

そして たかじんは1年ぶりにテレビへ復帰

 

2013年4月30日、復帰して1ヶ月、胸に違和感があった

気管支の近くに3つ、がんが再発していた

医師からは半年の命と宣告、さくらは過呼吸になるほど泣いた

その後、放射線治療と抗がん剤治療を行ったが、体調は悪化していった

さくらは突発性難聴を発症、手術すれば治ると言われたが、

たかじんを看られるのは、さくらしかいなかった

さくらは手術せずに24時間 介護、引き換えに左耳の聴力は失われた

 

2013年10月10日、2人はついに結婚

その2日後、たかじんはさくらが買い物に行っている間に、ある歌をi-Padに吹き込んだ

それは初めて会った日に、たかじんがさくらに歌った「♪順子」

あの日と同じように「順子」を「さくら」に替えて歌った

結婚して間もなく腹部にハリを感じ始めた

医師からは「長くても2ヵ月でしょう」と宣告

それから間もなく、さくらは「誰か会いたい人はいないの?」「おらん」

「何かやりたいことは?」「ない」そして…

「最後まで一緒にいて欲しい。僕にはさくらしかおらん」

 

2013年12月26日、緩和病棟へ、そこには立派な教会があった

すると たかじんは「結婚式 ハワイでしたかったけど、多分もういかれへんと思うからここで誓っとこう」

「やしきたかじんは健やかなる時も病んでいる時もって、もう病んでいるねん。やしきたかじんはイタリアの神様から貰うたさくらを妻として愛し続けます」

病室に入ると「ひとつだけ心残りがあるなぁ。もっと元気なうちにさくらのこともっと抱いていたら良かった」

出会ってから2年間、2人の間に肉体関係は一度もなかったという

 

2014年1月1日、“くやしい くやしい 元旦に死ぬんはシャレにならん”

 

2013年1月3日、日付が変わった頃、彼は愛する妻:さくらの胸に抱かれて逝った

 

生前、たかじんがさくらの誕生日に送った手紙には

“何 万語、何億語 言葉を探しても出てくる言葉は「さくら ありがとう」こんな苦難な一年を僕以上に乗り越えてくれて 戦ってくれて 僕にとって心の支えになってくれて本当にありがとう。誕生日にまた何もできないけど必ず元気になってハニーと楽しい時間を迎えるから待っていてね” (26431)

スポンサード リンク

1コメント - “誰も知らない やしきたかじん 最期の2年間

  1. 真

    『百田尚樹 殉愛の真実』を読めば、別の意味で泣けます。
    たかじん、かわいそう。(/ _ ; )
    そして、この最期の2年間の話にすっかり涙してしまった人もかわいそう。T_T

    返事

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク