国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王

●国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王

現国王の叔父にあたる第6代 タイムール国王が国を治めていた1935年

タイムール国王は身分を隠し、世界旅行をする中で日本に立ち寄った

そして神戸で運命の出会いを果たす

ダンスホールで踊る日本人女性と恋に落ちた

その女性は大山清子(当時19歳)

愛し合った2人は結婚を誓い合う

しかし年齢が倍以上離れている上に、結婚相手として中東の人は珍しく、

清子の両親は猛反対した

そして清子の両親は結婚にある無理難題な条件をつけた

“娘と結婚したいならオマーンではなく日本に住んでください”

タイムール国王は国王の座を弟:サイードに譲り、再び日本へ帰ってくる

出会ってから1年後の1936年、

不可能とも思われた大きな壁を乗り越え、ついに結婚

さらに驚くべきことに、妻:清子にさえ国王であることを伏せていたという

元国王だけに清子にドレスや宝石を買い与え、

神戸の丘に建てた豪邸で優雅な生活を送った

夫婦の間に1人娘が誕生、節子と名付けた

彼女は後のブサイナ妃となる女の子

娘の誕生に国王の座を引き継いだ弟のサイードが来日

この一件で夫がオマーンの国王だった事に気付く

しかし幸せな日々は、長くは続かなかった…

清子は23歳という若さで腎盂炎を患い他界した

その後、夫は兵庫県東加古川市に清子のお墓を建てるとオマーンに帰国

娘:節子の将来を考え、王族の相続権を得られるよう手配した

しかし1941年、第二次世界大戦が開戦し、日本国内は激しい戦禍に包まれた

オマーンは当時、日本の敵国であるイギリスと関係が深かったため、

タイムールもブサイナ妃も、その後、日本に戻る事は出来なかった

 

娘:ブサイナ妃は王宮で生活

母の死から39年後、ブサイナ妃は日本を訪れ、母の墓参りをした

人目をはばからず墓の前で泣き崩れたという (26255)

スポンサード リンク

1コメント - “国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王

  1. Dr.ZequDr.Zequ

    上記には「腎盂炎」で亡くなった、とありますが、テレビでは「腎臓病」と放映されたかと思います。如何でしょうか。

    返事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク