内戦を止めたコートジボワールの英雄:ドログバ

池上彰解説塾で紹介

コートジボワールとはフランス語で象牙海岸を意味する

15世紀にヨーロッパ人が、この地から象牙を輸送した

 

1960年、フランスから独立

マリなどの北の隣国からカカオ農園の為、

出稼ぎのため大勢 移民が流れ込んだ

北側の民族が増えるにしたがって南側の民族と衝突

2000年ごろ、南北各地の軍人が給与を払わない政府に抵抗、

北の反政府が武装蜂起したことをキッカケに南北の対立が一気に拡大

国を真っ二つに分けた内戦は10年近く続いた

民族が違うだけの理由で殺人、放火、略奪が行われ、一般市民が多数死傷

女性や子供を中心に約2万人の難民が発生した

 

●内戦を止めたコートジボワールの英雄

その英雄こそ、ディディエ・ドログバ

ドログバはプレミアリーグで2度の得点王を獲得した世界的なエースストライカー

5歳の時に、フランスに渡り、サッカーの英才教育を受けた

そのためフランスとコートジボワールの2つの国籍を持っていた

元々、強くなかったコートジボワール代表

ワールドカップに出場するならフランスの代表に選ばれるのが一番

しかしドログバは、祖国を愛する気持ちからコートジボワール代表を選んだ

彼の活躍でチームは瞬く間に力をつけ2005年、ワールドカップに初出場

この時、国内は内戦の真っただ中

ワールドカップ出場を決めた試合直後、

ドログバはロッカールームにカメラを呼び、国民にメッセージを送った

 

「コートジボワール国民の皆さん、今日ワールドカップ出場という共通の目標のもと、コートジボワールの様々な民族が共存してプレーできることが証明されました。歓喜によって人々は団結できます。今ここでひざまずいてお願いします…どうかお願いです!お願いです!豊かなコートジボワールで内戦が起きるのは許されません。武器を捨ててください。そして選挙をしましょう。それですべて良くなるはずです」

この一言によって内戦が一時的に停止した

 

2007年、いつも南部で開催されていた代表の試合を

北部で行うことを大統領に直談判

反政府組織が占領していた北部は長い内戦で荒廃、

サッカーの試合をするような環境ではなかった

ドログバの願いは政府を動かした

彼は直接 北部に出向き、

「北で試合をする これは「始まり」にすぎない。代表チームが6月にここに来るんだ」とスピーチ

歓喜する聴衆…ドログバの行動で南北がひとつになろうとしていた

 

2007年6月3日、電気も水道もない貧弱なスタジアム

コートジボワールとマダガスカル代表の試合が行われた

この試合はアフリカ中のメディアが注目

そこでドログバは、カメラの前で反政府リーダーに平和を約束させた

この日は南北関係なく国民が一丸となって応援

さらにドログバが見事 勝利のゴール…その瞬間 南北の心はひとつになった

これが暫定的な和平交渉のキッカケになった (33353)

スポンサード リンク

1コメント - “内戦を止めたコートジボワールの英雄:ドログバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク