バツイチ子持ちの私の前に颯爽と現れたヒーロー

タカトシの涙が止まらナイトで紹介

 

●バツイチ子持ちのヒーロー

 

良平君へ

 

いよいよ再来月にあなたと入籍してやっと一緒に暮らせます。

こんなコブ付きでいいの?って今でも思っています。

 

ありがとう。

 

 

良平君と出会ったのは2年前の冬

地下街から地上にある本屋さんへ行こうとして

階段の下を通っていた時でしたね

私が子供を乗せたベビーカーを押しながら

近くにエレベーターがないか探していたら

ふいに後ろから現れたあなたは

「上に行くんですか 僕が持って上がりますよ」と言って

ベビーカーを両手で抱えて歩き出してくれました

そのベビーカーを軽々と…というわけには でも いかなかったね

赤ちゃんが乗っているんだと思ったんでしょ?

そこには私の7歳になる息子の翔平が乗っていました

小児マヒで歩く事の出来ない大きな赤ちゃんです

あなたは想定外の重さで歪みかける顔を慌てて笑顔に戻して

「私も持ちますよ」と言っているのに「いやいや大丈夫」と

やせ我慢でひきつった表情のまんま運んでいきました

そしてなんと途中で手を滑らせ、

ベビーカーから翔平を落としかけてパニックになり

自分が足をグネってしまって もうそこでギブアップ

あとは力持ちの私が まさにベビーカーを上まで運び

そのあとであなたに肩まで貸しました

それを見て息子の翔平が久しぶりに笑ったの

 

良平君 ありがとうね

そしてこんな私を大事な長男が初めて結婚する相手として

認めてくださったご両親に心から感謝しています

「ええカッコしぃでブサイクなバカ息子をお願いね」

と笑って言ってらっしゃったけど

お母さん 良平君は私の そして翔平の

颯爽と現れたかけがえのないヒーローなんですよ (911)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク