ラーメンの鬼:佐野 実が最後に妻に送った言葉

解決!ナイナイアンサーで紹介

●ラーメンの鬼:佐野 実が最後に妻に送った言葉

2014年4月11日、糖尿病による多臓器不全により63歳でこの世を去った

 

妥協を許さないその姿勢からラーメンの鬼と恐れられた

ラーメン屋志那そばやで一躍人気者になった佐野

しかし実はその裏で、糖尿病を患い闘病生活を送っていた

そんな佐野実を支え続けたのは妻:しおりさん

佐野は妻の手料理にまで厳しく、家庭でも妥協は許さなかった

 

2014年2月、糖尿病が悪化し腎臓と肝臓の機能が低下し緊急入院

何とか命の危機を脱したが、予断を許さない状態

それでも…「何かしてほしいことある?」「ラーメン食べたい」

頭からラーメンの存在が消える事はなかった

妻は弟子に頼んでラーメンを用意

病床の佐野を気遣い、通常のスープをお湯で薄めた特別なもの

しかし「スープが薄い!お前らこんなもの店で出してるのか!」

 

死の2日前、「今までで1番嬉しかったことは何?」と妻が聞いた

「お前と出会ったこと」「他にもあるでしょう?2番目は?」

「2番目もお前と出会えたこと」「じゃあ3番目と4番目は?」

「3番目も一緒だよ。同じこと何度も言わせんな」

佐野の言葉は妻も意外だった

それから2日後、佐野実は息を引き取った

 

そして今、妻は夫の意志を継ぎ、

オーナーとして佐野が大切にした店を守っている (2080)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク