800人のロシアの子供を救った勝田銀次郎と茅原基治

 

ありえへん∞世界で紹介

2011年、ある日本人のお墓を訪ねるため、一人のロシア人女性が来日した

彼女の名はオルガ・モルキナ

「私がこうして生きていられるのは私の祖父母をある日本人が救ってくれたおかげなんです。彼らは多くのロシア人の命を救ってくれた恩人なのです」

それは90年間、決して世に出る事がなかった物語

●数千万の私財を投じ800人のロシアの子供を救った日本人

 

1873年、愛媛県松山市に生まれた勝田銀次郎

18歳で現在の青山学院にあたる東京英和学校に入学

その後、海運業の世界に飛び込んだ

27歳で独立し、貿易会社:勝田商会を設立

 

1918年、ロシア革命が勃発

都市:ペトラグラードは革命により治安が悪化し、深刻な食糧不足になった

そこで親は子供たち遠く離れた田舎:ウラル地方へ疎開させた

しかし避難した田舎町にも戦火が襲い、幼い子供たちは難民のような状態に

その数、800人

米国赤十字が800人の子供たちを保護、ウラジオストクにある施設に移送した

そして800人の子供たちの救出作戦を立てた

一旦ロシアを離れ、子供たちを故郷ペトログラードに近い安全な国へ海路で移送

ロシアの混乱が落ち着いたのを見計らい、

子供たちを親元に返すという計画を立てた

 

米国赤十字は関係各国の船舶会社に800人の子供たちの移送を依頼

しかし船舶会社の返事は全てNO

世界中のどの国の会社も子供たちの移送を引き受けてくれなかった

そこで最後の望みをかけ子供たちの移送の依頼を日本の運搬会社にも送った

その中の一つが勝田銀次郎の会社だった

 

勝田の下に部下が飛び込んできた

「社長!大変な申し出が届きました」「どうした?」

「ロシア革命により難民となった子供たちをロシアからヨーロッパまで船で運んでほしいとのこと。子供の人数は800人です」

困っている人を救う龍田ですら、これに即答できない事情があった

1920年は日露戦争が終結してまだ十数年

さらに革命によって世界初の社会主義確立を目指したロシアと資本主義を掲げる日本は敵対関係

勝田は苦悩していた

出来る事ならロシアの子供たちを助けてあげたい

もし日本と敵対関係にあるロシアの子供たちを助ければ、

日本中から非難され会社は倒産へと追い込まれかねない

さらに勝田の会社は物資を運ぶ海運会社

そのため貨物船しかなく800人もの子供が寝泊まりできる客船は所有していない

「私はロシアの800人の子供たちを助ける」と勝田は決断した

この決断に反対する者は誰一人いなかった

会社で一番新しい貨物船:陽明丸を客船に改造した

800人もの子供が長期化に移動できるよう洗面所、トイレ、寝る部屋などを増築

その船の改造費は多くを勝田が私財を投げ打ち払った

その額は、現在の価値で数千万円

通常1年はかかる客船への改造を約1ヵ月で仕上げた

 

伝説の船長:茅原基治が船長に名乗りを上げる

これまで数々の航海の実績があり、伝説の船長として名を馳せた人物

1920年7月、陽明丸は神戸を出発

子供たちのいるロシア ウラジオストクに到着し、子供たちのせて出航した

ペトログラードに近いヨーロッパのフィンランドに向かう

航路はロシアから太平洋を東に進み、パナマ運河を通るルートを選択

茅原は航海の途中 ロシアの子供たちに少しでも日本を知ってもらいたいと日本の室蘭に寄港

到着するな否や、茅原は真っ先に役所へ向かった

茅原は全ての責任を自らが取るという条件で子供の日本上陸許可を得た

子供たちを共に向かったのは北海道 室蘭にある小学校

茅原は役所にお願いし、ロシアと日本の子供たちが触れ合う機会を設けた

小学校の日本人たちは800人のロシアの子供たちを温かく迎い入れた

言葉は通じなくても子供同士、仲良くなるのに時間はかからなかった

そして北海道 室蘭を出航し、フィンランドへ本格的な大航海が始まった

心を通わせた子供たちは茅原を「ニイサン」と日本語で読んでいたという

3か月後、目的地フィンランドに到着した

800人のロシアの子供たちを無事救出した

その後、子供たちは故郷ペトログラードに戻り、親との再会を果たした

 

この物語は、90年もの間、一切世に出る事がなかった

それは日本人の乗組員は、勝田と茅原の2人が非国民扱いされないよう固く口を閉ざしてきたから

そして長い年月を経て、祖父母が日本人に助けられたオルガさんによって、この物語が世に知られる事になる

命の恩人である2人の日本人にお礼が言いたいと考えていたオルガさんは、

2009年、北室南苑さんという日本人とロシアで出会う

そこで当時の救出劇を語り、初めて奇跡の物語は日本に伝えられた

北室さんは日本に帰国後、オルガさんの為に2人の日本人の消息を知ろうと尽力

勝田銀次郎と茅原基治の2人のお墓を突き止めた

2011年、ロシアから日本へ祖父母の意志を継ぎ感謝を意を伝える事ができた (3508)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク