ノブコブ吉村が今も悔やむ祖母への最後の言葉

解決!ナイナイアンサーで紹介

●ノブコブ吉村が今も悔やむ祖母への最後の言葉

6歳の時に両親が離婚

その後、母の代わりに吉村を育ててくれたのが、祖母だった

朝昼晩の食事、掃除などの家事

そして身の回りの世話など、吉村の身の回りの世話全てを支えた

そんなある日、幼き吉村が食い入るように見ていたのが、テレビに映る電車

「ちょっとお出かけしようか?」「どこに?」

祖母が連れていってくれたのは、すぐ近くに電車が見える場所

吉村の願いを何でも叶えてくれた祖母が作る料理は、煮物や焼き魚など

友人の家で食べたビーフシチューの方がいい、と愚痴を言うと、

翌日 祖母は作り慣れない洋食のビーフシチューを作ってくれた

祖母の願いは吉村の笑顔、それだけだった

しかし年を重ねるにつれてそんな祖母との関係に変化が訪れる

父親が仕事で来れない代わりに授業参観には必ず祖母が来てくれたのだが…

友人にイジられ吉村にとっては恥ずかしかっただけだった

思春期の吉村少年にとって祖母は疎ましい存在になっていった

 

そして1999年、19歳の時、芸人になるため上京を決意し、北海道を旅立つ日

父と別れの挨拶を交わすと「崇 これを持っていきなよ」

「ばあちゃんそんな毛布いらないよ」

「だって小さい頃からこれがないと寝付きが悪かっただろ!」

それは吉村が幼い頃から使い続けている毛布だった

まだ子ども扱いされている事への苛立ちなのかもしれない

苛立つ吉村の口からつい出てしまった言葉が

「もういい加減にしろよ!俺は ばあちゃんが嫌いだから東京に行くんだよ!」

そのまま飛び出した

本当は「おばあちゃん育ててくれてありがとう」と素直に言いたかった

つい行ってしまった言葉が大きなしこりを生んでしまう

上京して間もなく留守電に入っていたのは、父からのメッセージだった

「もしもし父さんだけど…あのなさっきばあちゃんが亡くなった」

吉村は泣きながら膝から崩れ落ちた

 

母と生き別れたノブコブ吉村の苦悩 (3667)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク