子どもがサンタ

内村とザワつく夜で紹介

●子どもがサンタ

シングルマザーとして子育てを頑張る2児の母

昼は工場の事務、夜はコンビニで働いている

それでも生活は苦しく娘たちに好きな物を買ってあげられるのは誕生日とクリスマスだけ

そして12月23日、「2人とも今年一年良い子にしてたから、またサンタさんからカードが届きました」

クリスマスに欲しいプレゼントを書くカードを姉妹に渡した

「わたしプリキュアの変身セットにする」

「ユキナはどうするの?クマさんのぬいぐるみが欲しいってずっと言ってたでしょ?書いちゃいなさいよ」

「う~ん、ちょっと考える」

その日の夜…次女:ユキナのカードを確認すると

“サンタさんへ お母さんがいつも肩が痛いって言ってるから、マッサージ機が欲しいです ユキナより”

12月24日の夜、姉妹が寝静まった枕元に

長女には希望通りプリキュアの変身セットを、

そして次女には、前から欲しがっていたクマさんのぬいぐるみを買ってあげた

12月25日の朝、長女は大喜びで母に報告

しかし起きているはずのユキナが部屋から出てこない

「ユキナ どうしたの?サンタさんのプレゼント欲しいのと違ったの?」

「サンタさんから貰ったよ。ハイこれ」

ユキナが渡したのは“肩たたき券”

「サンタさんにお願いしたら くれたの。良かったね お母さん いつでも使っていいからね」

「ユキナありがと」

「違うよ サンタさんにお礼 いいなよ」 (1414)

スポンサード リンク
スポンサード リンク