23年間 支えてくれたお守りは息子からの手紙

深イイ話で紹介

2013年2月16日に結婚式を挙げた孝康さん・仁美さん夫妻

●ウェディングプランナー600人が選ぶ感動の手紙

新郎の孝康さんは1985年に松原家の二男として誕生

郵便局員の父:勝さんと母:みどりさんの愛情たっぷりに育った

ところが、孝康さんが4歳の時に突然の不幸が…

父:勝さんは休日1人で釣りに出かけ海に転落…

36歳というあまりにも早い死だった

31歳の母:みどりさんは女手一つで子供を育てる事になった

子供たちを立派に育てないと主人に申し訳ない…

決して裕福ではないが、してやれる全ての事を必死にやって来た

「布団の中で1人で泣く事はありました…」

悲しくても子供の前では決して弱みを見せなかった

頑張ってきた23年…2013年2月、二男:孝康さんが結婚

お色直しの後、孝康さんと一緒に母が登場

サプライズで披露された母の手紙に

会場は涙と暖かい拍手で包まれた

 

シワくちゃになった一通の手紙…

それは23年前、父親が亡くなった時、4歳の孝康さんが母に宛てた手紙

“おかあさんありがとう いつもありがとう とうさん しんだけど かあさんがいるから ぼくは げんきだよ”

息子が結婚するまで23年間、この手紙を片時も離さずお守りとして大切に持っていた

「これが私の支えとなって今まで頑張ってこれました」

 

父親になる孝康さんの夢は、

母が作ってくれたような暖かい家庭を築くこと (1427)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク