病と闘い29歳で燃え尽きた天才棋士:村山聖

天才棋士:村山聖

 

将棋界の帝王:羽生善治いわく

「誰も気づかないような意外性のある手を指せる棋士」

彼は生前、羽生善治の最大のライバルと呼ばれた

 

●病と闘い 29歳で燃え尽きた天才棋士:村山聖

1969年6月15日、広島に生まれた

5歳の時、原因不明の高熱の襲われる

「ネフローゼ症候群という病気にかかっています」

当時はネフローゼ症候群を完治できる治療法が無かった

発見が遅れ、病を進行させたのは自分だと、母は負い目を感じた

その後、村山は病院と療養所の入退院を繰り返した

 

ネフローゼ症候群は、

尿と共にタンパク質まで排出されてしまい体のむくみが生じる

むくみがあるうちは塩分を控えるなどの食事制限が必要となる

 

病院内で授業を受ける院内学級に通う

外で遊ぶことも好きなモノを食べる事も出来ない生活が続いた

 

1975年、父親から将棋盤と駒をプレゼントされた

すると悩める少年の心を一瞬で虜にした

夜はスタンドの明かりを頼りに寝る間を惜しんで将棋に打ち込む

1980年8月25日、中国地区 子供名人戦で優勝

中学に上がる頃には、もはやまわりに敵はなし

少年は自分の居場所を見つけた

 

1982年、「将棋の奨励会に入りたい。プロの将棋指しになりたい」

息子の告白に困惑する両親

「お前の気持ちはよくわかるが、親として賛成はできない」

13歳、病を抱えた息子を旅立たせる事に両親は反対した

すると「俺には時間がないんだ…今しかないんだ、お願いします」

村山は単身 大阪へ、プロ棋士:森信雄の内弟子となった

1986年、奨励会入会からわずか3年でプロ棋士になった

1995年、破竹の勢いで勝ち星を重ね、

9年後には将棋界のトップ10人が在籍するA級八段に昇りつめた

「ぼくにはね夢が2つあるんだ。1つは名人になって将棋を辞めてのんびり暮らすこと。もう1つは素敵な恋をして結婚し子どもをつくること」

いつしか自ら解禁してしまった酒、食べ物、

充実した日々の代償は すぐそこまで迫っていた

病を患う村山にとって一回の対局にかかる体の負担は大きかった

対局が終わると決まって高熱を出し、

そのたびに広島にいる母親を大阪まで呼んだ

 

1997年、膀胱がんを発症、手術を受けなければ余命6ヶ月と宣告

8時間半に及ぶ大手術を受けて膀胱を全摘出

 

村山は手術からわずか1ヵ月で復帰し、連勝街道を驀進

名人への挑戦権が得られるA級へ再び返り咲いた

そんな村山に立ちはだかったのが、羽生善治

それまでの対戦成績は6勝6敗

村山は羽生とのNHK杯の決勝戦まで勝ち進んだ

 

1998年、がんが再発、そして村山は大一番に挑む

2月28日、宿敵:羽生善治との最後の戦い

がんの再発は世間にひた隠していた

序盤から村山優勢、鬼気迫る村山に押された

村山が夢に手をかけたと思われたその時、

村山の慌てて指した一手が痛恨のミス

そして…「参りました」村山は敗北した

これが羽生との最後の対局となった

 

1998年8月8日、村山は29歳でこの世を去った (7444)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク