20億円を蹴って広島に帰ってきた投手:黒田博樹

高校時代の黒田は、野球の名門 上宮高校で背番号17の補欠

高校卒業後も野球を続けようと大学のセレクションを受けた

すでにスライダーやシュートを投げる補欠ピッチャーの黒田に

光るものを感じた専修大学 元野球部監督は、

実績のない黒田に推薦文を書き、教頭に頭まで下げたという

専修大学に入学後は、一心不乱に練習に打ち込み その才能が開花

1996年、ドラフト2位で広島カープに入団した

 

●広島残留劇

2006年、低迷するチームの中、個人成績はリーグトップ

すでにFA権を手にしていた黒田は、

資金の少ない市民球団からは出ていくと思われていた

黒田残留の為にファンが横10m×縦7mに縫い合わせた布に

カッティングシートで文字を切り、メッセージが書かれた巨大な旗になった

“我々は共に闘ってきた 今までもこれからも…未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら君の涙になってやる CARPのエース 黒田博樹”

 

2006年10月16日、シーズン最終戦、2枚の旗はライトスタンドにたなびいた

球団を去るであろう黒田は、花道として用意された最終回に登板

黒田はちらりとライトスタンドを見やった

 

2006年11月6日、黒田は記者会見を開いた

「私 黒田博樹はFA権を行使せずに広島東洋カープに残留する事をここで皆様にお伝えしたいと思います」

てっきり他球団と契約すると思われていたため、記者会見場はざわついた

「ファンの皆様の10月14日、16日のスタンドを見て 結局 最後になるとあれが一番 自分の中では大きかった。他球団のユニフォームを着て広島市民球場でカープファン、そしてカープの選手を相手にボールを投げるというのが自分の中で想像がつかなかった」

 

2007年11月30日、メジャーリーグへ移籍表明

1年間も広島に残ってくれた黒田に広島市民は心から感謝し、

メジャーリーグへの挑戦を支持した

その思いを知った黒田は、記者会見で口を開く事なく涙を流した

2007年12月16日、ドジャース入団会見

「初めまして日本のプロ野球 広島東洋カープから来た黒田博樹です」

 

その後 黒田は、日本人初の5年連続 2桁勝利の記録を達成

 

●広島復帰

球団本部長:鈴木清明はシーズンオフで帰国した黒田を毎年のように訪ね、

広島復帰へのラブコールを送り続けた

2014年11月、「で、どうや?」

すると黒田は「40% 引退です。30% メジャーです。30% カープです」

そう聞いた鈴木は「その40%、俺にくれ」

メジャー球団は高額報酬でアメリカ残留を望んでいた

 

2014年12月26日 午前10時11分、黒田から鈴木の携帯に連絡がきた

「もしもし」「黒田です。帰ります」

鈴木はその意味がすぐには理解できなかった

「(帰る?どこへ?)ドジャースか?まさかパドレスか?」

「違います。カープです」

4年で20億円のオファーを蹴って、黒田が広島に帰って来る

 

2015年2月16日、人生2度目の広島入団記者会見

「最後はファンの人達というか球団の熱意も当然ありましたけど、2006年ですかね、僕がFA権最初にとった時にファンの人達に心を動かしてもらったので、逆に今度は自分がファンの人達の気持ちを動かせればいいという気持ちが一番大きかったです。恩返しではないですけど多少なりとも帰ってきたことで喜んでくれる人がいるんであれば、それはそれで僕の中では満足できることだと思います」

 

3月8日、広島×ヤクルト戦、オープン戦にも関わらず、

2万人以上のファンが駆け付けた (1092)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク