Category Archives: 夫婦愛/恋愛

昭和2年(1927)日本初の本格インドカリーが新宿 中村屋で誕生した
それは、恋と革命の味
 
夫と共に中村屋を創業した相馬黒光は、
島崎藤村や国木田独歩とも親交があり文学界では有名だった
黒光は、英語やロシア語も話せたため
中村屋には外国人の客も多かった
芸術に造詣の深い相馬夫妻は、
若く才能のある芸術家を支援するため、
敷地にある洋館をアトリエとして無償で貸し出していた
 
大正4年(1915)インドは当時イギリスの植民地
インド人のラス・ビハリ・ボースは、
インドの独立運動を進める中心人物
警察に追われてインドを脱出、日本に密入国して亡命を求めていた
政界のフィクサー:頭山満の指示で、ボースを中村屋で匿うことに
匿われたのは、若い芸術家がアトリエとして使っていた部屋
ボースを匿って4か月後、
寄宿舎で暮らしていた娘の俊子が女学校を卒業して戻って来た
このとき、イギリス政府は、ボースを処刑するため
高い賞金をかけ私立探偵を雇って行方を追跡していた
麻布の隠れ家に身を隠したボースとの連絡係として俊子が務めた
大正7年(1918)ボースの逃亡生活が2年も続いた
7月9日、頭山の提案で俊子をボースに嫁がせることに
頭山家で密かに結婚式が行われた
結婚しても逃亡の身、追手が迫れば身を隠し関東各地を転々とした
ボースは逃亡生活を続けながらインドの独立運動を進めた
 
そんなボースの楽しみは、カリー
当時、日本のカレーはカレー粉にメリケン粉を混ぜたルウに
あり合わせの野菜を煮込んだ食べ物
香辛料は、ほとんど入っていなかった
インド人が食べているカリーは、
炒めた玉ねぎを形が無くなるまで煮込み、
たくさんの香辛料と肉や野菜を入れた料理だった
 
大正7年11月、第一次世界大戦が終結
ヨーロッパは疲弊し、イギリスも国力を失った
戦争景気で国力を増した日本は、
イギリスとの同盟を破棄する方向に向かう
イギリスに雇われた探偵も姿が見られなくなった
自由の身となったボースと俊子は、2人の子供を授かった
大正12年(1923)ボースは日本に帰化
大正14年(1925)俊子が重い肺炎を患い、26歳で亡くなった
その2年後、中村屋が喫茶部を作ると聞いて、ボースが訪ねて来た
「ぜひインドカリーをメニューに入れてください。俊子と約束したんです」
昭和2年(1927)6月、中村屋喫茶部がオープン
その看板メニューとして純インド式カリーが誕生
当時カレーライスは10銭だったが、中村屋のインドカリーは80銭
ボースのこだわりで最高級の食材と香辛料を使ったためだった
俊子とボースの思いが詰まったインドカリーは大好評
いつしか恋と革命の味と呼ばれるようになった
 
ボースは俊子亡き後も日本に残り、2人の子供を立派に育て上げた
長男の正秀は、昭和20年 沖縄で戦死した
 
黒光に再婚しないのかと問われたボースは、
俊子との暮らしは幸せだった。
私はあの数年の間に人生の幸福を貰ったと思っている
 
昭和20年(1945) 58歳で亡くなるまで新しい妻を娶ることはなかった

(20)

スポンサード リンク

佐々木裕美は、女子王座位決定戦の出場経験もあるトップボートレーサー

小学4年生の時、ボートレース徳山に連れて行ってもらい憧れを抱いたのが、

ボートレーサーを目指したきっかけ

高校卒業後、念願のボートレーサーとしてデビュー

2004年、同期のトップレーサー:坂谷真史と結婚

長男:凱くんが誕生、幸せだった

佐々木は、優しい夫を「国宝」と呼んでいた

2007年2月26日、佐々木は山口で女子日本一を決める戦いを翌日に控えていた

一方 住ノ江ボートレース場の坂谷は、レース中 事故に遭う

享年26、若すぎる死だった

突然訪れた夫との永遠の別れは、佐々木の心を空っぽに

佐々木はこれで引退する、誰もがそう思った

 

そんな彼女のもとに届いたのは、亡き夫からの贈り物

生前 夫が作った息子の名前入りの横断幕“ないす凱💛佐々木裕美”

事故で亡くなったその日に、佐々木がいたレース場に届いたという

横断幕は佐々木に内緒で作られていた

 

「私が一人になっても頑張れるように、というつもりじゃなかったと思うんですけど、そういう風に捉えてしまします」

 

2007年10月13日、夫の事故死から8か月後、

ボートに乗ることすら無理だと思われていた佐々木がレースに復帰

その復帰戦は、愛する夫が亡くなったレース場をあえて選んだ

2008年7月17日、夫の地元 福井ボートレース三国、三国女子リーグで優勝 (766)

2013年5月、岡山のリハビリ病院に勤務する川上麻衣子は、

先輩看護師からある頼みごとをされた

一人の男性患者にメールアドレスを教えていいか?

と聞かれ、軽い気持ちで承諾した

まもなく その男性患者からメールが届いた

“彼氏はいますか?好きな食べ物は何ですか?ご出身はどちらですか?というか、僕のこと分かりますか?”

彼女はメールをくれたのがどの患者なのか、名前を聞いても分からなかった

 

当時、麻衣子さんは故郷熊本から離れた岡山の病院に勤務して4年目

出会いもなく友人もおらず、いずれ熊本に帰りたいという希望もあった

 

そんなとき、突然舞い込んだメールは思いのほか楽しく、

数日おきが毎日、メールが電話に変わるまで2週間もかからなかった

 

麻衣子さんにメールを送ったのは、大上克

以前、麻衣子さんの病院に入院していた患者だった

2年前、克さんは麻衣子さんに目を奪われた

その1年前、克さんは父と共に大工の仕事をしていた

夢は父の跡を継ぐことだった

しかし8mの高さから落下、全身を強く打っていた

直ちに病院に運ばれ緊急手術が行われた

一命を取り留めたものの脊髄を激しく損傷し、半身不随に

身体を動かすことが何より好きだった克さんにとって

それは死刑宣告にも等しいものだった

2010年5月25日は、夢を断たれた人生最悪の日として心に刻まれた

 

7か月後、岡山にあるリハビリ病院へと移った

入院して4か月が過ぎるころには、訓練によってトイレにも一人で行けるようになった

だが下半身が動くことはない…

一生 車いすを手放せない現実を受け入れられず生きる希望など得られなかった

そんなとき、麻衣子さんと出会った

一目惚れから2年、声をかけられないまま克さんの退院が近づいていた

さらに麻衣子さん自身ももう一年経ったら病院を辞める予定となっていた

両親が故郷熊本での結婚を望んでいた

 

退院する日がやってきた

退院後は歯科技工士の専門学校に通うために

徳島の実家には戻らず一人暮らしをする予定だった

「大上さん、いいものあげる。麻衣子ちゃんのメールアドレス。メールしていいって」

「ありがとうございます」

香川に借りた部屋に引っ越すとすぐにメールを送った

“彼氏はいますか?好きな食べ物は何ですか?ご出身はどちらですか?というか、僕のこと分かりますか?”

2人のメールと電話のやり取りが始まった

しかしこの麻衣子さんは克さんの顔も知らなかった

彼に障害があることは明かされたが、会えない分、それは忘れることができた

話が合うことが互いにうれしく、存在が生活の励みとなっていった

「ねぇ克くん会いたいな。ねぇ会いに行ってもいい?」

「もちろん」

 

2013年6月、麻衣子さんは2時間かけて克さんに会いに行った

手動で運転できる車で駅前で彼女を待っていた

「俺、歯科技工士を目指して勉強しているんだ。こんな体になっちゃったけど。誰かの役に立ちたいんだ」

「すごいな、なんか尊敬する」

「違うんだ。実は怪我したとき、ずっと死にたいって思ってた。でも病院で初めて君を見たとき、なんか好きになってさ。なんか頑張ろうって、もう一度頑張ろうって、生きてみようって思ったんだ」

互いに惹かれる気持ちは純粋で、そこには障害も距離も関係なかった

3回目のデートで交際が始まった

しかし知覚異常で絶え間なく襲ってくる 痛みのため、

2人のデートは主に克さんの自宅ばかり

「普通のカップルみたいに流行りの店に連れていけなくて、こんな身体でごめんな」

「克くんの身体なんて私 何とも思っていないよ。なんで謝ったりするの?克くんと一緒にいられるだけで 俺だけで幸せなのに」

以来、克さんは身体のことを口にしなくなった

そして彼はある決意を固める

歯科技工士の国家試験に合格して就職できたら、彼女に結婚を申し込もうと

 

2014年3月、かねてからの予定通り 岡山の病院を退職する日が来た

だが、彼女は実家の熊本には帰らなかった

香川の病院に移り、2人は一緒に暮らし始めた

2015年3月、歯科技工士の国家試験に合格

「熊本行こうか?麻衣子のご両親に挨拶に行ってもいいかな?」「はい」

 

2人は麻衣子さんのご両親がいる熊本に向かった

「お父さん、お母さん、麻衣子さんと結婚させてください。こんな身体だから心配かけてしまうこともあるかもしれません。でも麻衣子さんには迷惑をかけませんので、どうかお許しください」

「麻衣子はもう決めているんだろう?身体がどうとか障害とかも何も気にしないでいい。ただ仕事して家庭を支えていくという当たり前のことをやってくれたらそれでいい」

「ありがとうございます」

 

「私 決めた。入籍5月25日にする」「えっ?」

それは克さんが事故に遭った日、彼にとって人生最悪の日、最も忘れたい日

麻衣子さんに押し切られ、2015年5月25日、2人は入籍

 

5月25日を選んだ理由は、入籍した日に渡された手紙に記されていた

“大好きな克くんへ、2015年5月25日、今日は私にとって特別な特別な日になりました。克くんにとってはどんな日だろう…忘れられない日だよね。だけど生きててくれてありがとう。ほんまにありがとう。まいこが克くんに出逢えたのは、克くんがちゃんと生きててくれて前を向いて歩いてくれたから。まいこが克くんを支えているんじゃなくて、ほんまは克くんがまいこを支えてくれてるんだよ。ありがとう。まいこに出逢ってくれてありがとう。愛してくれたありがとう。まいこより長く生きて。お願い。克くんは忘れたかもしれないけどまいこに前「普通のカップルみたいに俺と手をつないで歩きたいだろ?」って言ったよね?まいこは克くんの後ろを歩くだけで十分幸せだよ。心がつながっているから。手なんかつないで歩けなくてもそれでいい。歩けるようにならなくてもいいよ。まいこは本当に幸せものです。こんなに愛されて大好きな人と一生一緒にいれる。これから先も大変なこといっぱいあるかもしれない、でも2人で乗り越えていこう。今日からは5月25日は最高の日。一緒にお祝いできる日になったね。2015年5月25日、大上麻衣子”

 

2015年8月30日、多くの人たちに祝福されて結婚式を挙げた (1320)

2011年11月5日、アメリカ ミネソタ州 ミネアポリス

16歳のエイミーは小児がんのためのチャリティーパーティーに出席した

エイミーを誘ったのは同級生のサミーとザック

実は ザックは骨肉腫と闘っていた

エイミーがダンスを楽しんでいると、右わき腹に鋭い痛みが走った

病院に運ばれたエイミーの病名は盲腸

すぐに手術をし退院すると

サミーが友人を引き連れて見舞いに来てくれた

その中にザックもいた

深刻な病に侵されながら人を気遣うザック

これがきっかけでエイミーとザックは親しくなっていった

 

高校の入学式を直前に控えていたある日、

突如 ザックの関節に異変が起きた

母と病院に行くと骨肉腫と診断された

ザックはすぐに治療を始めることになった

まず3か月間の化学治療、入院して学校には通えなかった

化学療法である程度 腫瘍を小さくしてから摘出した

大腿部を数センチと股関節を切除し、人工関節を入れた

高校に入ったらサッカーをやる夢は断たれた

運動ができない分、ザックが夢中になったのは音楽

幼馴染のサミーと歌うことが楽しみとなった

治療を始めて8か月が経ったころ、肺に新たな腫瘍が見つかった

両肺を開き、腫瘍は取り除かれた

この先は3か月ごとに検査をしていくことになった

高校2年生の時に何とか復学

しかしまた新たな腫瘍が発見され、再び抗がん剤治療となった

「抗がん剤は効いていません。治療は中断しましょう」

と医師に告げられ、もはや手の施しようがないと宣告された

 

エイミーと仲良くなったのは、そのころだった

エイミーはいつもザックを元気にした

ザックはエイミーに心が惹かれていることに気づいていたが、

もし告白しても辛い思いをさせるだけ、そう考えていた

だが好きになる気持ちは止められず、半年悩んだが、

エイミーが自分をどう思っているのか探ってくれないか?

とサミーにお願いした

 

「ザックの気持ちはとてもうれしい。でも私に受け止められるかな?」

「友達と恋人では全然違うもんね」

「サミーならどうする?」

「分からない。私は兄妹みたいなものだから。ザックに恋人ができれば生きる目標ができるからうれしい。本当に好きなら付き合ってあげて」

 

おそらく長くない彼と付き合っていけるのだろうか?

悩んだ結果…エイミーはザックに直接、

「頼りにならないかもしれないけど ずっとあなたと一緒にいたい」

「本当に?やった!信じられないよ」

エイミーはザックを支え、ともに困難と闘うことを決めた

 

その矢先「腫瘍は骨盤まで広がっています。骨盤を半分と左足を切断すれば局所の腫瘍は取り除けますが」

「もういいです」

どんな治療にも前向きだったザックが、初めて手術を拒否した

そしてこの日、余命宣告された。18歳の誕生日を迎えられるか…

死の恐怖、愛する人たちを遺して先立つ悔しさ…

命の期限をエイミーにも告げた

エイミーは一緒に泣いてくれた

病状は刻々と進行し、待ち合わせしても

突如入院することになり行かれないことも

エイミーのために腫瘍の増殖を抑える放射線治療を始めた

 

やがてザックの肺の腫瘍は巨大化、呼吸をするたび痛む

エイミーは学校が終わるとザックが眠るまで一緒に過ごした

ザックはみんなへの想いを「Clouds」というタイトルの歌にしていた

 

すると地元ラジオ局がこのことを知り、

ザックとプロのミュージシャンによって

レコーディングされることになった

愛する人のために作った曲は

You Tubeにアップされ300万回も視聴された

「エイミー 僕 新しい目標ができたんだ。プロムに君をエスコートする」

「本当!約束よ」

プロムはザックの18歳の誕生日の翌日に行われる

ザックは痛みを抑える緩和ケアを受けている状態

起き上がるのがやっとだったが、

エイミーをエスコートする、その一心が彼を奮い立たせていた

2013年5月4日、18回目の誕生日を迎えることができた

 

ザックとエイミーはプロム会場へと向かった

立っているのがやっとのザックは、見事エイミーをエスコートした

2013年5月20日、ザックは家族とエイミーに見送られ、この世を去った

 

ザックの死後、ミネソタ州で行われたチャリティーイベント

約5千人がザックが作った「Clouds」を大合唱

さらにこの曲は、iTunesのダウンロードでトップを獲得 (1198)

たった1人で1万8千坪のガーデンを造った紫竹照葉

 

生まれも育ちも北海道帯広市

建設会社を営む家庭に生まれ、

20歳で4歳年上の勲さんと結婚

父親の跡を継ぎ建設会社の経営に携わった

2人は口喧嘩ひとつしたことがない超ラブラブな夫婦

3人の娘にも恵まれ、幸せな生活を送っていた

 

しかし照葉が56歳の時に最愛の夫:勲さんが心筋梗塞で急死

最愛の夫を失い、何一つ手につかない日々

そんな時、長女:和葉さんが、

「お父さんはお母さんのことを ひまわりのような太陽みたいな人だ。そんなお母さんが大好きだって言ってたのよ。それなのにいつまでも泣いてばかりでいいの?」

 

私がメソメソしている姿を空にいる主人が見たらがっかりしてしまう

 

昔から花が大好きだった昭葉さんは、

63歳にして大きな花畑を造ることを決めた

貯金をはたいて1万8千坪の土地を購入

当然、家族は猛反対

そんな話には聞く耳を持たず実行に移した

元々はただの牧草地

たった一人で花畑を造り始めた

その情熱と行動力により周囲の反対や心配も

いつしか応援へと変わっていった

 

しかし霜のせいで1年目に植えた花は全滅

 

 

試行錯誤の末、スタートから3年、

66歳にして紫竹ガーデンをオープンした

 

2500種類の花々を観に年間12万人も訪れる帯広の観光名所になった (854)

スポンサード リンク