Category Archives: 家族愛

2009年12月23日、アメリカ コロラド州
その日、父:マイク、母:トレイシー、11歳の長男、
3歳の次男は、クリスマスの準備をしていた
このときトレイシーは、妊娠9か月
12月24日の明け方、トレイシーは、急な陣痛に襲われ、自宅で破水
マイクの運転でかかりつけの病院に向かった
予定日よりも2週間も早い出産、
後は産まれてくるのを待つだけのはずだった
分娩室に入ってから6時間経っても産まれてくる兆候はなかった
今回の陣痛は、トレイシーにとって
過去に味わったことがないほど激しい痛むものだった
 
アメリカでは出産の際、薬を用いた無痛分娩を行うことが多く、
医師は、下半身麻酔を打つことを判断
麻酔を打ったトレイシーは、楽になり安心したのか、眠り始めた
 
12時37分、マイクがトレイシーの異変に気付く
トレイシーの手は氷のように冷たく、
顔は血の気が引いたように真っ青になっていた
トレイシーの心肺機能は、突然 急激に低下
緊急治療が始まり、マイクは室内の外に連れ出された
 
心臓マッサージを続けるが、心肺停止
電気ショックを行っても反応は無い
12時42分、医師は蘇生の見込みは無いと判断
帝王切開で子供を取り出す緊急手術に移行
トレイシーは死亡と判断されていたため、麻酔をされずに腹を裂かれた
12時46分、迅速なオペにより子供が取り出された
トレイシーの死から6分後
取り出された赤ん坊は、ぐったり 呼吸もせず、心臓も動いていなかった
駆け付けた小児科チームの専門医が、懸命に蘇生を試みたが、
赤ん坊が産声を上げることは無かった
 
「できる限りの手は尽くしましたが…申し訳ありません。最後にお父さんの手で抱いて
あげてください」
マイクは赤ん坊を抱きしめて泣き叫んだ
 
赤ん坊の指がピクリと動く
たった今 死産と判断された赤ん坊が、
父に抱かれたことによって心臓が動き、
呼吸をはじめ、大きな声で泣き始めた
 
すると、すでに心肺停止から10分以上経ち、
完全に死んでいたはずのトレイシーまでもが、突然息を吹き返した
そして1時間30分後には、意識を取り戻した
その後、会話ができるまでに回復
トレイシーは、赤ん坊を抱くことができた

(92)

スポンサード リンク

1992年、神奈川県伊勢原市

山崎政明と敏子の間に直也くんが生まれた

5歳になった腕白少年:直也くんが突然 病魔に襲われてしまう

体に異変が現れたのは、ある朝のこと

「赤いおしっこが出た」

しばらくしてから一緒にトイレに行ってみると

赤い血が混じっているというより血そのものが出ているようだった

「どっか痛いとこない?」「息をすると胸が痛くなる」

あわてて病院へ行き、精密検査を受けた

「胸に腫瘍らしき影が見えます」

医師の説明では良性の可能性が高い

「腫瘍は大きいようなので取ってしまった方がいいでしょう」

 

手術後の病理検査で、恐ろしいことが判明する

「肺にあった影は悪性の腫瘍:ユーイング肉腫でした」

肋骨に腫瘍がへばりついき肺を圧迫していた

「今回の手術で肋骨を3本 切除しました。これからは放射線と抗がん剤で再発を防いでいきます」

幸い腫瘍は全て取り除き、転移は見られないが、再発の可能性も十分にある

集中治療室から大部屋に移動、元気にはしゃぎまわれるほどに回復した

 

再発を防ぐため、直也くんは、強い抗がん剤に耐えた

病院から出られず抗がん剤の副作用に苦しむ日々

治療を始めて一週間で髪の毛は無くなった

治療の結果、定期検査を受ける条件付きで、退院が認められた

そしてみんなより半年遅れで学校に通えるようになった

しかし定期検査で…右胸に1.5㎝の腫瘍が発見された

すぐに手術で腫瘍を摘出した

そしてまた辛い抗がん剤治療が始まった

愛する我が子が苦しんでいるとつい…

「もうやめようか?何もしないでお家に帰ろう」そう言ってしまう

しかし「ここにいる。頑張る」直也は弱音を吐かなかった

 

その後も直也は再発と手術を繰り返した

どんなに辛い治療でも直也は拒否しない

体重は常に10㎏台、慢性的な貧血で顔は浅黒かった

「ナオは偉いね。何でそんなに頑張れるの」

「僕はね。体はこんなだけど心は強いんだ」

「お母さん 代われるものなら代わってあげたい」

「ダメだよ。ナオじゃなきゃ耐えられない。お母さんじゃ耐えられないよ」

 

直也には夢があった

闘病のため無理だった海で思いっ切り泳ぐこと

ボランティア団体:メイク・ア・ウィッシュに応募すると

ハワイ旅行がプレゼントされた

直也くんは、思いっきり遊んだ

ハワイから帰国後、まもなく腰に激痛が走った

「骨髄に転移していました」

血液を造る骨髄に転移したとなるとがん細胞が体中に運ばれる

手術で切除する事もできず今まで使っていた抗がん剤も使えない

手の施しようがなかった…

 

直也に何と説明すればいいか?何日も答えが出ぬまま、

2人は本当のことを話すことにした

「ナオちゃんは今 胸が痛いとか腰が痛いとか言ってるでしょ。骨髄にも病気が出来ちゃって」

「うそばっかり、ちゃんと先生に聞いたの?」

闘病生活が長い直也には隠し通せない

「お母さん何 言ってるの?ナオは負けるわけないじゃん。病気に勝つに決まってるじゃん」

直也は前向きに辛い治療を望んだ

日々痛みは激しくなり直也は早く手術をしてほしいとせがんだ

しかし手術は出来ず、モルヒネを投与して痛みを抑えるだけ

「すごく頑張ってきたから別に手術しなくてもいいよって先生言っていたよ」

「お母さん 手術しないってことは死んじゃうってことでしょ?やってみなくちゃ分からないじゃん。最初から諦めちゃダメっていつも言ってるじゃん」

「そうだね。ごめんね。お母さんもうあきらめない」

 

器官は炎症を起こし気道を圧迫、呼吸も難しくなった

ナオは死が近いことを悟ったのか

「お母さん、ナオが死んでも暗くなっちゃダメだよ。明るく元気に生きなきゃダメだよ。頑張れば幸せになれるんだ。苦しいことがあったけど最後は必ず大丈夫」

直也は余命宣告を受けたから2週間も生き続けた

そして2001年7月3日、壮絶に病と闘った直也くん 永眠

 

病魔と闘い抜いた4年間、少年の小さな体のどこにそんな力があったのか?

それは看護師から聞かされた

「直也くんはお母さんのために頑張ったんです」

治療の途中でこんなことを言っていた

「あのねナオは 今 死ねないんだよ。お母さんの心の準備が出来てないから。今はまだ死ねないんだよ」 (37920)

2014年1月 最も美しい隣人という賞を

受賞した徐 文建(シュー ウェン ジエン)

「隣人とは ある意味 家族ではないでしょうか?彼女は若き日の私に対し家族のように接してくれました。今も私の心の中で生きています」

 

●最も美しい隣人

1979年、中国 四川省の農村地帯

農業の傍ら、養豚を営む家の一人息子として生まれた15歳のシュー

真面目で優秀な青年だったが、経済的な理由から学業を断念

中学を中退し、家の手伝いをしていた

「ごめんください!残飯ありますか?」

シューの家はあまりに貧しく家畜のエサすら買うお金すらなかった

そのため彼が毎日村を歩き回って家々に頭を下げ、残飯を集めていた

一生 残飯集めをするしかないのか…シューは思い悩んでいた

 

そんなある日のこと、ふとシューが立ち止ったのは、

ワンタン麺が美味しい一軒の食堂の前

彼にとっては年に一度食べられるかどうかのご馳走だった

一度でいいからワンタン麺をお腹いっぱい食べてみたい

お金を持っていないシューは、通りかかるたびに匂いを嗅ぐだけ

立ち去ろうとすると…王 子玉(ワン・ツーイー)に声をかけられた

「さぁワンタン麺を食べましょう。食べたかったんでしょ?」

「いやでも…お金が無いんです」「いいから いいから」

彼女に促されるまま、シューは店の席に

村で夫と息子の3人で暮らしている女性

「実は何度もあなたのことを見てたのよ。大変ねぇ」

残飯集めをしているシューを前から見ていたという

シューは、なぜ残飯集めをしているか?事情を話した

「さぁ食べて」「いただきます」

シューは無我夢中でワンタン麺をすすった

「気を付けて帰るのよ」「ありがとうございます」

この恩は一生忘れない…

 

それから数日後…リヤカーを引くワンさんを見かけた

その後を追いかけていくと辿り着いたのは、みすぼらしい家

中には病床に伏せるご主人らしい人も

「あら…どうしたの?こんなところで」

シューは言葉を失った

ワンタン麺をご馳走してくれたワンさんも貧しい生活を送っていたのだ

彼女の仕事は荷物運び、1日の稼ぎは2~4円程度

それはワンタン麺 一杯分の値段と同じくらいの額

「どうして僕にワンタン麺をご馳走してくれたんですか?」

「私も色んな人に助けてもらったのよ」

ワンさんの息子は生まれつき盲目で、周りの人が助けてくれた

「困っている時はお互い様。家族も他人も関係ないのよ」

僕も全ての人を家族のように思える人間になりたい、とシューは思った

 

その後、シューは手に職を付けるため大工修業を始めた

そして月日は流れ、シューは同じ村の女性と結婚

一人前の大工にはなったものの生活に余裕はなかった

すでに父は他界していたが、家には高齢の母が…

そして息子は食べ盛りの15歳

 

そんなある日のこと、ワンさんが車と接触、病院に運ばれた

その話を聞いたシューは急いで病院に向かった

幸い、ワンさんの意識はしっかりしていたが、

車に轢かれ足を骨折、全治3か月の重傷を負っていた

「私も注意が足りなかったし、誰も誰も悪くないんだよ」

どこまでも優しいワンさん

後日、再びシューが見舞いに行くと、ワンさんはいなかった

ワンさんの夫は19年前に他界、

実は事故に遭った年に最愛の息子も他界

ワンさんはシューに心配をかけまいと息子の死を隠し、

気丈に振る舞っていた

天涯孤独の身となった上、事故で歩けなくなったワンさんは、

数日前に施設に送られた

それは公営の為に入居にほとんどお金がかからない老人ホーム

シューは敬老院を訪ねた

「よくここが分かったね。嬉しいよ あなたが面会に来てくれて」

「実は 今日は面会に来たんじゃないんです」

シューはおんぶしてワンさんを連れ出した

「お昼ご飯まだですよね?一緒に食べましょう」

「ここは?」「僕の家です」「ご飯を…あなたの家で?」

「そうです。ウチで一緒に食べましょう」

「重かったでしょう?帰りは私一人で帰るから」

「その心配はしなくて大丈夫ですよ。これから一緒に暮らしましょう」

23年前、一杯のワンタン麺と共に希望をくれたワンさんへの恩返し、

それは彼女を家族として迎えいれる事だった。しかし…

「せっかくだけど遠慮するわ。あなたの家族に迷惑はかけられないモノ」

「困っている時は家族も他人も関係ない、そう教えてくれたのはワンさんじゃないですか」

「大丈夫 私は敬老院で十分よ」

その時、妻と息子がワンタン麺をテーブルに運んできた

「一緒にワンタン麺を食べましょう」「ありがとう」

こうして運命の出会いから23年、ワンさんはシューさん一家と暮らし始めた

彼女の唯一の財産は、拾った竹の棒だけ

シューは、ただ恩返しをしたかった

そんなシューの行いは、最も美しい隣人として多くの人から称えられた

シューさんと暮らし始めて11年、2014年1月6日、

ワンさんは安らかに息を引き取った

 

「あなたは本当の息子ではありません。でも本当の息子のように愛しています。どう恩返しすればいいか分からないほどよくしてくれるあなたに心から感謝しています」

ワンさんは事あるごとに、こう語っていた

 

ワンさんは亡くなる2年前から認知症を患い、近所を徘徊するように

そのたびにシューさんは彼女を探し、家まで連れ戻した

 

ワンさんが亡くなった後、葬式を挙げた

シューさんの月収は3万円ほどだが、

葬式にかけた費用は40万円ほどだった (820)

●中国へ売られた愛娘を取り戻す父の奇策

1006年6月、ベトナム北部 ビンフック省

稲やトウモロコシの栽培で生計を立てていたニャム一家

長女:ハンは14歳離れた妹:フエンにとって母親のような存在

どんな時も自分より妹の事を考える優しい女性だった

長女は家計を助けるため町の製茶工場で働いていたのだが、

不景気のあおりを受け解雇

そんな折、叔母:フアンも行く中国のバナナ園への出稼ぎを紹介してくれた

家計を助けるために中国行きを決意

叔母とハンは250キロ離れた中国 雲南省の河口で住み込みで働くはずだった

落ち着いたら電話をすると言っていた娘から連絡がない事に不安を覚えた父は、叔母:フアンの携帯に電話をかけたが、忙しいと無下に切られる始末

父は、フアンが人身売買に関わっているんじゃないか、という噂を耳にする

 

当時ベトナムでは女性が中国に売られるという事件が

毎年、1000件以上も起こっていた

奴隷のような生活を強いられる女性も多く大きな社会問題となっていた

 

警察に相談するも、捜査をするには本人の証言が必要だという

さらに一緒に行ったはずのフアンの携帯も繋がらない

そこでニャムはひとり中国に渡り、娘を探し出す決意をした

分かっているのは、中国 雲南省の河口という町のバナナ園ということだけ

ニャムはバナナ園をしらみ潰しに当たった

捜索資金は農機具や農地を売って工面した

中国への捜索は40回以上、4年の月日が流れていた

 

そんなある日、突然 娘:ハンから電話で連絡がきた

娘を探していた河口から北東へ150キロ、馬関にある一軒の家にハンはいた

 

4年前、ハンは、叔母と共に馬関にやって来たが、すぐに叔母は姿を消した

馬関にある村は、電話が通じないばかりか、郵便の配達すらない

中国語も分からないハンでは、どうする事もできなかった

数日前、バナナの収穫を手伝うため、初めて隣村に出かけた

そこで中国に来て以来、初めてベトナムの女性に出会えた

「私 騙されて中国に来たんです。ベトナムの家族に電話をさせてください」

事情を聞いたベトナムの女性は電話を貸してくれた

こうして連絡をとるのに4年もの年月がかかった

「すぐにベトナムに帰ろう」

「ダメなの。きっと夫は許してくれない」

ハンは中国で すでに結婚していた

 

相手は中国人のリー・ヒントー

両親を早くに亡くし、山間の畑でバナナを作り、

一人暮らししていた彼は、当時、結婚相手を探していた

だが電話も通じない山間の村に夢に来てくれる女性は望めなかった

そんな時、出会ったのが、叔母:フアンだった

 

フアンは結婚の意志があるベトナム人女性を

結納金:4000元で紹介すると約束

4000元はリーの月収のおよそ2.5倍

大金ではあったが結婚に困っていたリーは、何とか金を工面して支払った

そして3か月後、叔母がハンを連れてきた

当然、リーは結婚を承諾した女性が来たとばかり思っていた

だが、中国語が離せないハンは、リーに事情を説明する事が出来ない

そんな奇妙な共同生活が10か月ほど続いた頃、

片言ながら中国語を話せるようになったハンから、

リーは彼女が初めて無理矢理 連れて来られたことを知る

リーは献身的にハンに尽くした

洗濯も料理も家事は率先して行った

そんな彼の姿に次第にハンも心を開いていくようになり、

やがて2人には愛が芽生え、結婚、2人の子供をもうけるに至った

 

「夫の事は嫌いじゃない…でも出来ることなら夫を置いてでもベトナムに帰りたいの」

「分かった。父さんが何とかする」

父とリーが対面した

「はじめまして夫のリーと言います」

「父のニャムです。一つ相談なんだが、一度ハンをベトナムに帰してもらえないか?妻やハンの妹も心配しているし、孫の顔も見せてあげたいのだが」

「バナナの収穫の時期が近いので、それはちょっと…」

「バナナは大変ですね。一度だけでいいんです、娘に里帰りを」

「ダメです」

「それにしても ここは本当に静かですね」

「おかげさまで誰も嫁に来たがりません。ハンさんが嫁に来てくれて親戚の独身連中からも羨ましがられているんですよ」

「わかりました。私はベトナムに帰ります」

ベトナムに帰った父は、娘:ハンの無事を家族に報告

 

●父が考えた奇策

「頼む。フエン 中国に嫁いでくれ」

無理矢理ハンを返せと言ってもリーは認めない

だがハンの妹なら親戚の独身連中に喜んで受け入れてくれるに違いない

まず妹:フエンをリーの親戚に嫁がせる

リーは親戚に顔が立ち喜ぶだろう

リーは父を信頼し、一時的にハンを里帰りさせてくれるのじゃないか

その間にハンが警察に被害届を出し、叔母を告発

警察に事件として認めさせるには、必ずハン本人が証言しなければならない

そこで犯罪行為が証明できれば結婚は無効となり、

中国に残された妹も取り返す事が出来ると考え、フエンが承諾したので決行

 

ハンがベトナムに帰った後、リーはハンを追いかけてベトナムに移住

リー家族は父の家の隣に家を建ててもらって仲良く暮らしている

フエンは中国人の夫を気に入り、

現在は子供にも恵まれ、中国で幸せに暮らしている

時々、家族でベトナムにも帰っているという

帰国したハンの告発を受け、叔母:フアンはすぐに逮捕

人身売買の罪で懲役6年の判決を受けた (535)

●生まれつき聴覚に障害のある母親が初めて聞いた愛する娘たちの声

1982年、アメリカ テキサス州

サラは、ごく普通の家庭に生まれた

2年後、大きな音にも反応を示さないサラを病院で検査

その結果、ほとんど音が聞こえない感音難聴と診断された

補聴器を付けるも、サラにとって言葉は、ただの雑音でしかなかった

そこで両親は口の動きから言葉を読み取る読唇術を学ばせる事に

両親はあえて手話を使わずサラに読唇術を身に付けさせた

やがてサラは一般の小学校へ入学

座席はいつも先生の口が良く見える一番前の席

誰よりも努力し成績も優秀だった

こうしてサラは自分から逃げることなく学校に通い続け、一般の高校を卒業

その後、サラは近所のカフェで働き始めた

前向きな性格と明るい笑顔、彼女は周囲の人達から愛される存在だった

 

そんなある日、いつもサラを可愛がってくれる常連客の息子:スローンと出会った

スローンは、一目で恋に落ちた

やがて足繁くサラの店に通うようになり、

いつしか2人の距離は縮まっていった

「今日はご飯を食べに来たんじゃないんだ。初めて会った時から君の事が好きだった」

スローンの突然の告白、サラは生まれて初めて恋をした

2人は どこに行くにも一緒だった

スローンは恋人であると同時にサラの耳となった

2001年、サラが19歳の時 2人は結婚

数年後、サラは2人の娘の母親となった

絵に描いたような幸せな生活…

しかし幸せになればなるほどサラには、ある思いが募った

 

愛する娘たちの声が聞きたい…

 

2011年、車を運転するスローンが何気なくラジオを流していると、

「耳に直接 埋め込むことで難聴の方でもより自然な音が聞こえるようになる画期的な医療技術が開発されました」

サラの難聴が治るかもしれない、スローンは興奮を抑えられなかった

すぐに問い合せすると、片耳で3万ドルかかる事を知る

数日後、スローンの母親が老後の生活費に貯めていた貯金をサラに渡した

最新の技術でサラの耳が聞こえるようになる、そんな噂は瞬く間に広まった

家族や友人たちの支えにより手術に必要な費用が集まった

 

サラが29歳の時、手術が行われた

頭の内部に埋め込み、鼓膜の振動を拾って

補聴器よりも強力に音を増幅して伝える技術

手術は9時間にも及んだ

手術から2ヵ月、埋め込んだ機械を作動させる日

29年間、音のない世界で生きてきたサラが初めて音を聞く

 

 

こうしてサラは何よりも聞きたかった家族の声に囲まれ、

幸せに暮らしている (993)

スポンサード リンク