Tag Archives: オーディション

ムハンマド・アッサーフが育ったのは、パレスチナのガザ地区
歌うことが好きだったムハンマドは、
地元ガザのテレビにも出演するほど上手だった
姉のヌールは、ムハンマドに歌手になるように勧めた
ガザは、イスラエルが封鎖しているので、外に出るのは困難
しかしヌールは、「大丈夫よ。いつか必ずここから出ていける。夢は叶う。スターになるって言って。スターになって世界を変える」
こうしてムハンマドは、大きな夢を抱くようになった
ある日、姉のヌールが病で倒れた
その死の間際「約束する。エジプトで歌うよ」
とムハンマドはヌールに約束した
満足な治療が受けられず、姉:ヌールは11歳で この世を去った
 
時は過ぎて2012年、ムハンマドは22歳に成長
亡き姉:ヌールとの約束を果たすため、
エジプト カイでのオーディション番組への出場を決意する
しかしガザから外に出るのは容易な事ではない
ムハンマドは偽造したビザで脱出を試みる
検問所で「このビザは本物か?」「いいえ 偽造です」
「どうしてもエジプトに行きたいんだ」「なんでだ?」
「コンテストに出る」「何の?」「歌の…」「何か歌ってみろ」
ムハンマドは歌った
すると「驚いた。素晴らしい。神に祝福された声だ。頑張れ、エジプト人を負かしてやれ」
ムハンマドの歌声が検問係の心を動かした
 
無事エジプトに入国し、カイロのオーディション会場に到着した
しかしオーディションに参加するチケットは、
すでに配り終わっていた
ムハンマドは、会場を後にしようとした
そこへ「ちょっと待て。君がトイレで歌っているのを聞いたよ。見事な歌声だ。僕が出るより君が出た方がアラブ人のためになる。受け取ってくれ」
たまたま歌声を聞いた参加者がチケットを譲ってくれた
予選に合格したムハンマドは、順当に勝ち進み本選に出場
見事決勝まで勝ち残ったムハンマドは、優勝した
その瞬間、パレスチナの町に大歓声が起こる
ムハンマドは亡き姉との約束、スターになる夢を叶えた

(643)

スポンサード リンク

丸山は、ガンと闘いながらアイドルを続けてきたが、21年の生涯を閉じた

 

1993年、福島県郡山市に生まれる

両親と妹と暮らす丸山は、脳腫瘍を発症したのは小学2年生のとき

3カ月の入院生活、励ましてくれたのはモーニング娘。

先生からは「夏鈴ちゃんは病院のアイドルだね」と言われた

 

2009年、地元の尚志高校に入学

歌が大好きだった丸山は、アイドルになりたいという夢を抱く

2年生になると生徒会長を務める

その任期中、2011年3月11日、東日本大震災と原発事故が発生

みんなで乗り越えようと全校生徒を励ました

 

2012年3月3日、卒業式で答辞を読んだ

「成功の反対は、失敗ではなく挑戦しないことです。卒業生代表、丸山夏鈴」

卒業後、3度目、4度目の脳腫瘍の手術

 

 

この入院中に、丸山はアイドルオーディションに応募

オーディション:ミスiD2013の一般投票の期間中に

芸能事務所:Happy Strikeからスカウトされ所属した

 

7月からアイドルとして活動を始める

デビュー曲は「Eternal Summer」

歌詞には丸山がブログやツイッターで発信してきた思いが込められていた しかし脳腫瘍が肺に転移、手術はできないと宣告された

 

2013年2月25日、5度目の脳腫瘍摘出手術

6月、6度目の脳腫瘍摘出手術

 

2014年12月、デビュー曲のレコーディング

 

2015年1月2日、初詣の絵馬に“この先もずっと健康で、ファンの方に笑顔を届けられますように!!”と書いた

 

2月3日、CDのジャケット撮影、夜に緊急入院

肺には2ℓの水が溜まっていた

 

2月5日、脳腫瘍の一部が肺に転移し肺癌の治療中である事を公表

 

2月7日、高田馬場のライブハウスでライブ

酸素チューブを取り付けてステージへ

肺の水を抜くため週に2回、通院

 

Eternal Summer [ 丸山夏鈴 ]

Eternal Summer [ 丸山夏鈴 ] 価格:1,000円(税込、送料込)

 

2月28日、「Eternal Summer」でCDデビュー、

郡山のタワーレコードでミニライブを開催

酸素チューブを外して、ステージに

「こんばんは、酸素チューブが宇宙一似合うアイドルです(本人が撮影したコメント)」

 

3月22日、東京でCDジャケットの衣装を身につけてライブ

 

4月20日「のどの痛みは前よりも落ち着きました。喉につっかえてる感じが取れれば完璧です。歌も歌いたいし(本人が撮影したコメント)」

 

4月25日「先生から許可を貰って、病院の外に来ました。桜がキレイです。外は気持ちいいね(本人が撮影したコメント)」

 

5月18日「何としてでも活動再開できるように頑張りたいなって思います。ファンの方も含めて応援してくださっているので、ここでへこたれてはいけないんだって思いました(本人が撮影したコメント)」

 

5月19日「今日は昔からお世話になっている美容師さんが来て、ちょちょちょと髪の毛切ってくれました。明日にでも記念撮影しようと思います」

 

5月21日「薬のせいで眠いです。じゃあ、さよなら、バイバイ(本人が撮影したコメント)」

 

2015年5月22日、丸山夏鈴 享年21 永眠 (1537)

スポンサード リンク