Tag Archives: 心肺機能

2009年12月23日、アメリカ コロラド州
その日、父:マイク、母:トレイシー、11歳の長男、
3歳の次男は、クリスマスの準備をしていた
このときトレイシーは、妊娠9か月
12月24日の明け方、トレイシーは、急な陣痛に襲われ、自宅で破水
マイクの運転でかかりつけの病院に向かった
予定日よりも2週間も早い出産、
後は産まれてくるのを待つだけのはずだった
分娩室に入ってから6時間経っても産まれてくる兆候はなかった
今回の陣痛は、トレイシーにとって
過去に味わったことがないほど激しい痛むものだった
 
アメリカでは出産の際、薬を用いた無痛分娩を行うことが多く、
医師は、下半身麻酔を打つことを判断
麻酔を打ったトレイシーは、楽になり安心したのか、眠り始めた
 
12時37分、マイクがトレイシーの異変に気付く
トレイシーの手は氷のように冷たく、
顔は血の気が引いたように真っ青になっていた
トレイシーの心肺機能は、突然 急激に低下
緊急治療が始まり、マイクは室内の外に連れ出された
 
心臓マッサージを続けるが、心肺停止
電気ショックを行っても反応は無い
12時42分、医師は蘇生の見込みは無いと判断
帝王切開で子供を取り出す緊急手術に移行
トレイシーは死亡と判断されていたため、麻酔をされずに腹を裂かれた
12時46分、迅速なオペにより子供が取り出された
トレイシーの死から6分後
取り出された赤ん坊は、ぐったり 呼吸もせず、心臓も動いていなかった
駆け付けた小児科チームの専門医が、懸命に蘇生を試みたが、
赤ん坊が産声を上げることは無かった
 
「できる限りの手は尽くしましたが…申し訳ありません。最後にお父さんの手で抱いて
あげてください」
マイクは赤ん坊を抱きしめて泣き叫んだ
 
赤ん坊の指がピクリと動く
たった今 死産と判断された赤ん坊が、
父に抱かれたことによって心臓が動き、
呼吸をはじめ、大きな声で泣き始めた
 
すると、すでに心肺停止から10分以上経ち、
完全に死んでいたはずのトレイシーまでもが、突然息を吹き返した
そして1時間30分後には、意識を取り戻した
その後、会話ができるまでに回復
トレイシーは、赤ん坊を抱くことができた

(132)

スポンサード リンク
スポンサード リンク