Tag Archives: 悪性腎ラブドイド腫瘍

シングルマザーの諸見里さやかさんの次男:玲君は4歳で天国に旅立った
さやかさんのことを「さや」と名前で呼ぶ明るい男の子だった
 
2歳になった玲君は、小児がんで右腎臓摘出手術を行い、
完治を目指し、抗がん剤治療を開始した
薬の副作用で髪の毛は抜け、嘔吐、発熱などの辛い症状が続いた
それでも玲君は前向きに「元気になる」
と抗がん剤も放射線も嫌がらなかった
玲君に病と闘う勇気をくれたのが、アニメのヒーローだった
強いヒーローに憧れていた玲君は、この頃から
「ヒーローは強い。さやのことも玲が守るからね」と言うように
さやかさんに何かあると「大丈夫?玲がいるよ」と声をかけてくれる
治ることを信じ、辛い治療にも耐えた……しかし、腫瘍が肺にも転移
さらに診断で治療法がない悪性腎ラブドイド腫瘍と告げられた
 
通常の5~10倍の抗がん剤をを使う大量化学療法に切り替えた
様々な合併症を引き起こす可能性のある過酷な治療法
副作用で神経が過敏に、ドアを開ける音や太陽の光さえ嫌がり、
さらに喉の粘膜がただれつばを飲み込むだけで激痛が走る
そんな時ですら さやかさんを心配させまいと
「大丈夫。玲は男の子だから、玲は強いから、さやは大丈夫?」
「玲は さやを守るからね」とさやかさんを気遣う
 
過酷な治療を続けるが、腫瘍は無くならず余命3か月を告げたられる
落ち込んでいた さやかさんに
「大丈夫。お空に行っても玲が守るから」と玲君は言った
 
「玲君、大好きだよ」苦しそうな呼吸の中「玲も大好き…」
それが最期の言葉だった

(17)

スポンサード リンク
スポンサード リンク