Tag Archives: 戦争

明治3年(1870年)8月18日、兵庫県出石町で誕生
実家は貧しい農家で冬は豪雪地帯となる寒村
当時、人々のまだ身分に対する意識は、江戸時代と変わっていなかった
農民が暮らしやすい国をつくるには、どうしたらいい?
幼い時から、そう考えていた斉藤は、18歳の時に上京した
しかし汽車や船に乗るお金はない
斉藤は18日間かけて歩き続けた
 
上京した斉藤は苦学の末、明治45年(1912年)衆議院議員に初当選
 
太平洋戦争に突入する真珠湾攻撃の1年前、
軍部は暴走、政治に介入し議会を牛耳ろうとしていた
政府の要人たちが青年将校により
暗殺された二・二六事件が起きる中、
斉藤は危険を顧みず、軍部を徹底批判する本を出版
戦争に突き進もうとする日本を何とか止めようとしていた
軍部は、斉藤を護衛という名目で四六時中 警察や軍に監視
 
昭和12年(1937年) 日中戦争勃発
さらに昭和13年(1938年)、
議会の承認なしに国民を戦争に
動員できる国家総動員法が成立してしまう
 
日中戦争で疲弊している国民を救わなければならないと、
昭和15年(1940年)2月2日、第75帝国議会
当時の政府は、軍部の思いのままに傀儡状態
批判すれば殺される可能性もある中、
国民の声を届けるため斉藤はタブーを発言した
「一体 日中戦争はどうなるものであるか?いつ済むのであるか?いつまで続くものであるか?我々が日中戦争の処理を考えうるにあたりましては、寸時も忘れてはならぬものがあるのであります。それは何であるか?他の事ではない二年有半の長きにわたって我が国家国民が払いたるところの絶大なる犠牲であるのであります。ただいたずらに聖戦の美名に隠れて国家百年の大計を誤ることがありましたならば、これは現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことはできない」
斉藤の発言は問題視され、議長により議事録から削除されてしまう
そして聖戦を冒とくしたとして懲罰委員会にかけられ、最も重い議員除名処分となる
斉藤の自宅には、脅迫を意味する短刀が送りつけられた
自分はこのまま殺され歴史に埋もれてしまうかもしれない
斉藤は、決死の思いで色紙に一詩を書いた
“私の言ったことは国民の声 批評は世間に委ねるが 百年後の歴史をみて欲しい 正しいか間違っているかは、おのずと明らかになる”
 
戦争が終わり、平和が当たり前となった時代、歴史学者:磯田道史は、露天商でその色紙と出会い、歴史から抹消されながらも戦争を止めようとした斉藤隆夫を知った

(95)

スポンサード リンク

2009年、山梨県で行われていた骨董市

骨董品の商いをしている山名さんは、その日 珍しいハガキを見つけた

消印は1945年、太平洋戦争末期に出されたもの

当時 小学生の女の子が家族に送ったもの

その葉書には宛名の下に「鉛筆部隊」という印鑑が押してあった 鉛筆部隊とは、東京都世田谷区立代沢小学校に当時 在籍していた児童のこと

●鉛筆で戦った子供たち

1944年8月12日、代沢小学校の生徒455名と教師が長野県松本市に集団疎開した

将来のある子供たちを空襲から守るために

都会の小学生を地方に避難させ、そこで集団生活をさせた

当時、10歳だった榎本明美も2歳年上の兄:徹と共に親元を離れることになった

一昼夜かけて長野県の浅間温泉に辿り着く

児童たちは ここに点在するいくつかの温泉宿に分かれ、寝泊まりした

明美は引率の柳内達雄先生と共に千代の湯という旅館で暮らすことになった

児童たちはそれぞれ住んでいた地区ごとに

分かれて旅館に宿泊していたため、ほとんどが顔なじみだった

中には人数の調整で別の地区から入ってきた高島幸子もいた

 

●鉛筆部隊

そんなある日のこと「今日は君たちに伝えたいことがあります」

「今お国のために兵隊さんたちがセンチで必死に戦ってくれていることは、みんなも知ってるな?兵隊さんたちだけじゃない。東京に残った君たちのお父さん、お母さんたちも空襲の中、マイン地位件名に戦っているんだ。だから君たちも戦え」

「戦うって、どうやって戦うんですか?」

「君たちはまだ子供だ。でも将来この国を背負う君たちだからこそ、お父さんもお母さんも辛い気持ちを押し殺して君たちをこの安全な浅間温泉へ送り出してくれたんだ。慣れない生活が寂しいのはよく分かる。お腹いっぱい食べられないのが辛いのもよく分かる。君たちがそんなことを不満に毎日を過ごしていたら君たちのために戦ってくれている兵隊さんたちやご両親の気持ちはどうなる?」

「私たちは全然寂しくありません」

「その気持ちを毎日 故郷のご両親や戦地にいる兵隊さんたちに手紙で伝えるんだ。それを書くのが君たちの戦いだ。よって今日から君たちを鉛筆部隊と名付ける」

「はい!」そしてその日から鉛筆部隊の戦いは始まった

 

発見された鉛筆部隊の手紙には、生活の苦しさや寂しさは全く記されていない

戦地にいる兵隊や東京で空襲の恐怖と闘っている家族のため、

自らの気持ちを押し殺して楽しく明るい手紙を書き続けた

 

1945年2月28日、千代の湯に突然 若い兵士たちが宿泊することになった

「君たちは?」航空隊の今野勝郎軍曹が聞いた

「鉛筆部隊です」「鉛筆部隊?何だか頼もしいな。鉛筆部隊に敬礼!」

6人の兵士は、旅館近くにある松本飛行場にやってきた

整備中は飛行訓練ができず、昼過ぎにはいつも千代の湯に戻っていた

そのため子供たちは毎日兵士たちと一緒に遊んでもらえるように

 

数日後、兵士は突然、子供たちの前から姿を消し、戦地に赴いた

子供たちにできるのは彼らの無事を祈ることだけだった

 

だが…深夜 目を覚ました明美は、旅館のスタッフの話を盗み聞きした

「せめて無事で…」「ばか、特攻隊が生きて帰れるわけないじゃないか」

兵士たちは特攻隊の隊員だった

1945年4月1日、4日前に沖縄ケラマ諸島沖で敵艦隊に突入し、

壮絶な戦死を遂げた特攻隊員の名前を読み上げるニュースを聞いた

「勇士の名前は広森達郎大尉、林一満少尉、今野勝郎軍曹…」

敵艦を撃沈する大手柄を立てたとその場にいた男子たちは大歓声を上げた

だが対照的に女子は兵士たちの死に対して悲しみを抑えることができなかった

 

●未来を託した手紙

翌日、千代の湯に鉛筆部隊宛ての手紙が届いた

差出人は今野勝郎軍曹

“鉛筆部隊の諸君、お元気にお暮しのことでありましょう。兵隊さんも元気でいよいよ明日出撃であります。皆さんがこの便りを見ている頃は兵隊さんはこの世の人ではありません。次の世を背負う皆さん方がいるので喜んで死んでいけます。ほんとにお世話になりました。にっこり笑って散っていきますよ。ではお元気で 次の世をお願いします”

そして6人の死から5か月後、1945年8月15日、戦争は終わった

 

10年前、田中幸子(旧姓:高島)さんは、

ついに今野軍曹の甥と面会を果たし、今も交流を続けている (4958)

 

池上彰解説塾で紹介された核戦争を止めた男

●キューバ危機 世界は核戦争 寸前だった

1962年10月のキューバ危機

キューバにソ連から核ミサイルが運び込まれている事が発覚

当時のケネディ大統領は、軍艦で海上を封鎖

キューバに向かう全ての船を強制的に停止すると宣言

 

この時、ソ連からの貨物船は潜水艦に護衛されながらキューバを目指していた

潜水艦には核魚雷が搭載されていたが、

そうとは知らないアメリカ軍は、潜水艦に向かって爆雷を投下し、

浮上するよう警告していた

 

爆雷は潜水艦の手前で爆発し、直撃は回避

 

しかし潜水艦の艦長は「戦争が始まった!」と確信

深く潜ることで外部との通信ができなくなる潜水艦では、

核使用の判断を場合によっては乗組員に委ねられる

艦長を含めた3名で核魚雷の発射を検討、艦長、副艦の1人は発射を主張

しかし「私は反対だ。本部からの連絡を待つべきだ」

ただ1人断固として反対したアルヒポフ中佐

慌てる艦長たちを何とか説得し、核兵器の使用は直前で中止されたという

 

この事実が明らかになったのは40年後、

「キューバ危機から40年の国際会合」での事

当時の関係者の会合で明らかになり1人の男の反対が

全世界を救ったと称賛された (2321)

ありえへん∞世界で紹介

海外で活躍した名もなき日本人

2003年、イギリス人のフォールさんが来日し、

初めて日本で語られた物語がある

●420人の敵国兵を救った駆逐艦 雷の艦長:工藤俊作

1901年、山形県高畠町に生まれた工藤俊作

19歳の時、広島県にある江田島の海軍兵学校に入学

そこで後の総理大臣となる鈴木貫太郎 校長から

「惻隠の情」という言葉を受けた

戦った戦士たちが戦闘を終えた後 互いの健闘を称え合い 勝者が敗者を労う

自分より弱い人間を理解し 共感や思いやりが必要という考え方

弱き者を助ける精神こそ日本の武士道と教わった

海軍兵学校を卒業後、海軍少佐に昇進

41歳の時に駆逐艦 雷の艦長に就任した

武士道を実践するべく工藤は、鉄拳制裁を禁止した

鉄拳制裁が横行していた当時の日本海軍において異例の訓示だった

工藤の下、駆逐艦 雷は結束力を強めた

1942年、太平洋戦争の真っただ中、日本は連合国と戦争

インドネシア ジャワ島の北東スラバヤ沖で激しい戦いを繰り広げていた

工藤が艦長を務める駆逐艦 雷も参戦

当時の戦況は日本海軍が圧倒的に優勢

 

イギリスをはじめとする連合国海軍は猛攻撃を受け

フォール少尉が乗る艦エンカウンターは日本軍の戦闘艦に包囲されていた

砲弾がエンカウンターに命中しエンジンが停止

もはや脱出する以外 方法はなかった

こうしてイギリス兵 全員が救命ボートで脱出

その直後、エンカウンターは日本海軍の攻撃によって炎上 海に沈んだ

近くには沈没した他の船の乗組員も含め400名以上が漂流

救命ボートは8隻しかなく全員が乗るには不十分

オランダ軍が助けてくれる、と信じていた

逃げる前に近くにいた味方のオランダ軍の基地にSOS救助要請の無線を打っていた

しかし漂流から20時間経っても助けは来なかった

誰もが死を覚悟していたその時、フォールの前に現れたのが駆逐艦 雷だった

乗組員220人の小型軍艦だが、連合軍の船を3隻も撃沈していた

 

この辺りは前日 日本の輸送船が潜水艦から魚雷攻撃を受け沈没したばかりの危険な海域

漂流物を発見した工藤は戦闘用意を命令

潜水艦に注意するよう指示、漂流物を射程距離に捕らえた

工藤が見たのはボートに掴まり必死に助けを求める400名のイギリス兵

 

目の前に現れたのは敵国の艦、イギリス兵たちは死を覚悟した

しかしどういうわけか攻撃を仕掛けてこない日本軍

その時、工藤は苦悩していた…

目の前で必死に助けを求めるイギリス兵がいる

日本軍戦闘艦の艦長という立場でありながら、もしも救助活動中に攻撃を受け、

艦が沈没するようなことが起きれば処罰され職を失う

工藤が下した決断は「敵兵を救助せよ!」

工藤は武士道の惻隠の情を貫いた

こうして始まった世紀の救助劇

飲まず蔵図で漂流し続けたイギリス兵は縄梯子も昇れない状況

「船の動かすのに必要な最低限の人間だけを残し、あとは全員 救助に向かえ!」

それは日本海軍史上、極めて異例の命令だった

危険海域でありながら戦闘のための人員を裂いて敵を救う

自らの命を顧みない捨て身の救助

さらに日本兵たちは自ら海に飛び込み、体力の限界を迎えていたイギリス兵を救助

自力で上がることができないイギリス兵は体にロープを巻き付けて引き上げた

甲板では油や汚物にまみれているイギリス兵の体を優しく拭き労わる

日本海軍にとっても貴重な食料や真水を与えた

「目の前で救いの手を求めている人間を救う事より大切なことなどない」

と、さらなる漂流者の救助を支持

工藤は溺れていた全てのイギリス兵を救助、その数422人

「諸官は勇敢に戦われた 我々はあなた方を殺めるような事はしない 戦いが終わった今 諸官たちは日本海軍の名誉あるゲストである」

工藤は武士道の精神をもって弱っているイギリス兵たちを労い、最大限の敬意を払った

その後、422人のイギリス兵は、翌日にボルネオ島の病院へ引き渡された

 

実は、これは第二次世界大戦から21世紀になるまで世に出る事のない知られざる話だった

工藤が敵兵を救助した1942年は第二次世界大戦中、

420人もの敵国兵を救った、という話を公表してしまうと

工藤は非国民扱いされ非難の的になる可能性があった

工藤から報告を受けた当時の上官:南雲忠一 中将は、

「この話を公のするのはやめよう、お前は非国民扱いされてしまう。しかしお前は決して間違っていない」

理解ある上司に工藤は庇われ、結果 話は半世紀に渡り 世に出る事はなかった

その後、工藤は雷を降り、別の艦の艦長に就任

直後、雷は敵の攻撃を受け沈没 可愛がっていた当時の部下全員が死亡

そのショックから終戦後 工藤は戦友と連絡をとらず

ひっそりと余生を過ごし、1979年、77年の生涯を終えた

 

フォール少尉は終戦後、イギリスに帰国

1996年、フォールは自叙伝を出版

これにより54年の時を経て、奇跡の物語が世に知られることになった

本の1ページ目には工藤艦長への感謝の念がつづられている

その後、心臓病を患い自らの命が長くないと悟ったフォールは2003年に来日

外務省に出迎えられたフォールは半世紀前の救助劇を語り、

初めて奇跡の物語は日本に伝えられた

その時、工藤の消息を誰も知らず、再会を果たす事は叶わなかった

その5年後、工藤のお墓が判明

するとフォールは、2008年に再び来日し工藤の墓を参った (10138)

スポンサード リンク