Tag Archives: 歌手

ムハンマド・アッサーフが育ったのは、パレスチナのガザ地区
歌うことが好きだったムハンマドは、
地元ガザのテレビにも出演するほど上手だった
姉のヌールは、ムハンマドに歌手になるように勧めた
ガザは、イスラエルが封鎖しているので、外に出るのは困難
しかしヌールは、「大丈夫よ。いつか必ずここから出ていける。夢は叶う。スターになるって言って。スターになって世界を変える」
こうしてムハンマドは、大きな夢を抱くようになった
ある日、姉のヌールが病で倒れた
その死の間際「約束する。エジプトで歌うよ」
とムハンマドはヌールに約束した
満足な治療が受けられず、姉:ヌールは11歳で この世を去った
 
時は過ぎて2012年、ムハンマドは22歳に成長
亡き姉:ヌールとの約束を果たすため、
エジプト カイでのオーディション番組への出場を決意する
しかしガザから外に出るのは容易な事ではない
ムハンマドは偽造したビザで脱出を試みる
検問所で「このビザは本物か?」「いいえ 偽造です」
「どうしてもエジプトに行きたいんだ」「なんでだ?」
「コンテストに出る」「何の?」「歌の…」「何か歌ってみろ」
ムハンマドは歌った
すると「驚いた。素晴らしい。神に祝福された声だ。頑張れ、エジプト人を負かしてやれ」
ムハンマドの歌声が検問係の心を動かした
 
無事エジプトに入国し、カイロのオーディション会場に到着した
しかしオーディションに参加するチケットは、
すでに配り終わっていた
ムハンマドは、会場を後にしようとした
そこへ「ちょっと待て。君がトイレで歌っているのを聞いたよ。見事な歌声だ。僕が出るより君が出た方がアラブ人のためになる。受け取ってくれ」
たまたま歌声を聞いた参加者がチケットを譲ってくれた
予選に合格したムハンマドは、順当に勝ち進み本選に出場
見事決勝まで勝ち残ったムハンマドは、優勝した
その瞬間、パレスチナの町に大歓声が起こる
ムハンマドは亡き姉との約束、スターになる夢を叶えた

(668)

スポンサード リンク

金スマで紹介された やしきたかじん 最期の2年間

 

2013年1月3日、やしきたかじんは、食道がんでこの世を去った

 

2度の離婚に加え、流した浮世の数々

常に何人もの遊び相手が彼の周りにいた

その交友関係は幅広く芸能人はもちろんホームレスにも友人がいたという

安倍首相は彼を友人と呼び、橋本大阪市長は恩人と語った

彼の信条は、人生太く短く

酒もタバコも浴びるほど、60歳で死んでもいい が彼の口癖だった

 

たかじんの莫大な遺産を狙った疑惑の未亡人として週刊誌を賑わせた女性:さくら

出会ったのは、ちょうど がんが発覚した2年前

その年の差は30歳以上、そして亡くなるわずか3か月前に結婚

事実だけを見ると遺産狙いと言われるだけの根拠が列挙する

 

やしきたかじんが誰とも連絡を取らずにこの世を去った理由

これは本人の意志ではなく若妻による洗脳ではないか?と言われている

 

●誰も知らない たかじん 最期の2年間

 

2011年、20代前半からアメリカに留学し、

28歳でイタリアに渡った森田さくらはネイルサロンを経営

イタリアに永住するつもりだった

ある日、Facebookに見知らぬ男性からメッセージが届いた

男性とさくらを結びつけたのは犬好きのサイトだった

“かわいい犬ですね”“犬がお好きなんですか?”

男性は漢字で家鋪隆仁と名乗り、年齢は62歳

海外での暮らしが長いさくらは「やしきたかじん」を知らず、

男性のことを犬好きのおじさんと思い、メールをやり取りする間柄になっていった

 

Facebookの出会いから2ヵ月が経った2011年12月25日、

さくらは妹の出産のために、一時 帰国、友人と大阪で食事をしていた

たかじんからクリスマスパーティに誘われたさくらは、友人と別れ、

顔を出したらすぐに帰ろう、そんな気持ちで向かう事にした

この時点で たかじんはさくらの顔を知らない

Facebokには犬の写真しか載せていなかった

たかじんはどんな女性が来るのか?ゲーム感覚で楽しんでいたのかもしれない

会場に入り、場違いな雰囲気に帰ろうとした時、たかじんに呼び止められた

「たかじんです。はじめまして」「さくらです。はじめまして」

さくらは たかじんのことを本当に知らなかった様子

「よし今日はさくらちゃんの為に歌う」

たかじんは自身の「♪順子」を歌い、歌詞の「順子」を「さくら」に替えて歌った

 

たかじんと親友の松本哲朗氏によると、

「たかじんの昔の彼女とさくらが激似だった」という

 

帰り際、さくらはタクシー代として1万円を貰った

お小遣いのつもりなの?たかじんとの初めての出会いの印象は最悪だった

 

2011年12月30日、お金を返す事が目的で再び会う事に

「妹さんおめでと。ほな自己紹介させて。僕はテレビに出る仕事をしている歌手やけど売れてません。実は離婚は2回、子供も大きいのがおる」

たかじんは、ほぼ初対面のさくらに対し、自分の過去を赤裸々に語った

そして食事が終わると

「妹さんにお祝いを用意したんやけど、家に取りにこうへん?」

あまりのしつこさに根負けしたさくらは、「じゃぁ受け取ったら帰りますから」

たかじんのマンションに行くと、本当に出産祝いがあった

「ビデオも観て」と見せられたのは、たかじんが出演する番組

そしてパジャマに着替えてきた たかじんは、おもむろに土下座し、

「僕はテレビの中やったらあんなやけど、実際はこんな人間や。でも初めてさくらちゃんに会うた時、これやと思た」

「どういう意味ですか?」

「実は昔すごく好きやった女の人がいてその人にそっくりなんや」

「そうですか」「僕は62歳でこの先 何年 生きられるか、分からへんけど、あなたを最期の女に決めました。だから結婚してください」

「すぐに返事ができないなら結婚を前提に僕と付き合ってもらえないか?」

すると、突然苦しみだした たかじんはトイレに走っていった

「どこか悪いんですか?」「心臓、狭心症らしいわ。時々痛くなるから薬飲んでる」

しかし薬を飲んでも症状は治まらない

心配になった さくらは薬を念のためネットで調べた

薬を飲めば狭心症の痛みはすぐに治まると書いてあった

「もしかしたら狭心症じゃないかもしれません。一度 精密検査をしてもらった方が…」

「分かった。年が明けたら検査に行く」

「今日はゆっくり寝てください。帰ります」

 

2012年元日、“今日は元旦なのに誰とも会わず喋らずの一日でした。明日会いたいです。ウチでおでん作って待ってます”

元日に一人、その文面からは寂しさが伝わってきた

お互い暇だったお正月、2人は毎日のように会った

当然ながらたかじんの話は面白く、

さくらが彼に惹かれるのに時間はかからなかった

そしていつからか交際に発展

 

2012年1月16日、病院で検査したところ食道がんが発覚

「食道がんだった」「どの程度のがんなの?」

「細胞とって1週間後に良性か?悪性か?分かるらしいわ」

さくらはイタリアに帰るのを止め、しばらく日本にいる事を決意

がんが発覚して間もなく、たかじんはさくらを京都に誘った

京都は たかじんが青春時代を過ごした場所

旅の目的は、友人たちを紹介するため

そして検査の結果が出た「やしきさんの食道がんはステージ3です」

5年生存率30%以下、進行がんだった

 

思い詰めたたかじんは

「ステージ3ゆうたら死ぬやんか。あと2ヵ月で死ぬんや」

「手術して治療したら…」

「あと2ヵ月、毎日飲み歩いて新地で死にたい。それが やしきたかじんや。最後までむちゃくちゃして死んでいくような男やないとあかんのや。みじめたらしく命にしがみつくような情けない姿はみせたくない」

翌日、さくらはメールを送った

“じ んちゃんがそういう考えであれば さくらは支えることが出来ません。私が好きになったのは目の前の家鋪隆仁でみんなの やしきたかじんではない。だから治る可能性があるのに元気になる可能性があるのに、一緒にいられる時間が長くなる可能性があるのに、そっちのやしきたかじ んの生き方を望むなら、もう私には何もできません”

そしてたかじんは「治療したいから支えて欲しい…」

彼はさくらという存在を得て、孤独から解放された

その夜、公式サイトでがんを告白し、休養宣言

 

 

2012年4月9日、手術当日

食道の大部分を切除した後、胃を伸ばして残った食道につなげる手術

手術は無事に成功

しかし肉が付着せず、再手術

さくらはICUに泊まり込みで たかじんの介護をする事に

夜は決まって譫妄でうなされるたかじんから一時も目が離せないため、

睡眠はほとんどとっていなかった

 

担当した看護師によると、ナースたちの間で あの女性の目的ってやっぱりお金かなぁと話したこともあります。でもその後の、さくらさんを見ているとお金目的ではとてもできる事じゃないと思いました。本気でたかじんさんを愛しているのが分かりました、と語っている

 

たかじんの手記には、“さくらは金やなしに普通の愛情でうんこも汚いモノもようやってる おかしい 変わってる?普通やない 何が好きで自分からしんどいことするんや 優しい 育ちの良さか?誰より優しくしてくれた 長生きしな 恩返ししなあかん 僕がさくらのめんどうみる”

 

2012年7月、散歩中の2人をFRIDAYにスクープされてしまった

さくらの存在は公になり疑惑の女としてマスコミがマークするようになる

そして彼の死後、ありもしない事実が並べられることになるが、

どんな誹謗中傷を受けてもさくらが口を開く事は一切なかった

 

2012年夏、週刊誌にスクープされた後、

2人は東京を離れ、極秘で北海道に渡った

 

2012年11月20日、ハワイへ

ホノルルには、たかじんが所有するコンドミニアムがある

大好きなハワイで日に日に体力を回復していった たかじんは、

ゴルフまで出来るようになっていた

このハワイでたかじんはたくさんの手記を残している

 

2013年2月、復帰に向けて帰国

そして たかじんは1年ぶりにテレビへ復帰

 

2013年4月30日、復帰して1ヶ月、胸に違和感があった

気管支の近くに3つ、がんが再発していた

医師からは半年の命と宣告、さくらは過呼吸になるほど泣いた

その後、放射線治療と抗がん剤治療を行ったが、体調は悪化していった

さくらは突発性難聴を発症、手術すれば治ると言われたが、

たかじんを看られるのは、さくらしかいなかった

さくらは手術せずに24時間 介護、引き換えに左耳の聴力は失われた

 

2013年10月10日、2人はついに結婚

その2日後、たかじんはさくらが買い物に行っている間に、ある歌をi-Padに吹き込んだ

それは初めて会った日に、たかじんがさくらに歌った「♪順子」

あの日と同じように「順子」を「さくら」に替えて歌った

結婚して間もなく腹部にハリを感じ始めた

医師からは「長くても2ヵ月でしょう」と宣告

それから間もなく、さくらは「誰か会いたい人はいないの?」「おらん」

「何かやりたいことは?」「ない」そして…

「最後まで一緒にいて欲しい。僕にはさくらしかおらん」

 

2013年12月26日、緩和病棟へ、そこには立派な教会があった

すると たかじんは「結婚式 ハワイでしたかったけど、多分もういかれへんと思うからここで誓っとこう」

「やしきたかじんは健やかなる時も病んでいる時もって、もう病んでいるねん。やしきたかじんはイタリアの神様から貰うたさくらを妻として愛し続けます」

病室に入ると「ひとつだけ心残りがあるなぁ。もっと元気なうちにさくらのこともっと抱いていたら良かった」

出会ってから2年間、2人の間に肉体関係は一度もなかったという

 

2014年1月1日、“くやしい くやしい 元旦に死ぬんはシャレにならん”

 

2013年1月3日、日付が変わった頃、彼は愛する妻:さくらの胸に抱かれて逝った

 

生前、たかじんがさくらの誕生日に送った手紙には

“何 万語、何億語 言葉を探しても出てくる言葉は「さくら ありがとう」こんな苦難な一年を僕以上に乗り越えてくれて 戦ってくれて 僕にとって心の支えになってくれて本当にありがとう。誕生日にまた何もできないけど必ず元気になってハニーと楽しい時間を迎えるから待っていてね” (25162)

奇跡体験!アンビリバボーで紹介

フィリピン マニラではカラオケが人気

実演販売のため街中の電気店にカラオケ機が置かれており、

買い物客は自由に歌を歌うことが出来る

 

ゼンディー・ローズはフィリピンの地方都市で生まれた

幼いころに両親が離婚、母:ジンキーは娘を育てるため、

クラブシンガーとして生計を立てていた

ステージで歌う母はゼンディの憧れだった

だがクラブ専属の歌手ではなかったため、安定した収入はなく、

次の仕事が数か月先という事も…

電気や水道が止められるほど生活は苦しかった

「私 ママと歌って過ごせれば十分。今はどん底にいてもこれから這い上がっていけばいい。人生は階段じゃない?」とゼンディーは母を勇気づけた

11歳になったゼンディーは苦労している母を助けようと、歌のコンテストに出場

入賞するたび、その賞金を母に渡した

高校を卒業後、奨学金で大学に進学

クラブシンガーだった母の背中を追うように歌手のアルバイトに没頭した

卒業を間近に控えた2011年10月、

銀行から内定をもらったゼンディーは、嬉しいはずのニュースに浮かない

母はゼンディーの心を見透かしたように、

「自分に嘘をついちゃだめよ。本当は歌手になりたいんじゃないの?後悔しないように自分の行きたい道を選びなさい」

歌手として生きていくことを決めたゼンディー

 

ワンダイレクションやレオナ・ルイスなどを輩出した

イギリスのオーディション番組「Xファクター」に参加することに

この頃、母とゼンディーはアパートを追い出され、

知り合いの好意で地元の消防署内の一角で間借りさせてもらっていた

地方予選を順調に通過したゼンディー

2012年6月5日、マニラで2次予選

結果は落選、本選に進むことはできなかった

問題は歌ではなかった

フィリピンでは人気の歌手は、みな身長が高く、容姿端麗

外見が最も重視されたため身長159㎝のゼンディーには、

スター性がないと判断された

 

2012年7月28日、親子は久しぶりにマニラ市内のショッピングモールに来ていた

オーディションに落ち、元気のないゼンディー、

気分転換のため母が買い物に連れ出してくれた

ゼンディーは母に赤いリュックを買ってもらい、すぐに背負った

立ち寄った雑貨店、盗難防止のためバッグを持ち込んでの入店はできなかった

ゼンディーは店の外で待つことに

すると隣の電気店が実演販売の為に置いていたカラオケ機を発見

ゼンディーはマイクを握った

選んだのはアメリカの人気歌手の歌だったが、

キーが高く、これまで一度も人前で歌ったことがない曲だった

 

 

歌い終えると、歩みを止めた客たちから拍手喝采

母を待つ間の時間つぶしに歌ったカラオケが彼女の運命を変える

 

翌日、友人から連絡「あなたが動画サイトにアップされてるの」

ショッピングモールで歌う自分の姿が動画サイトにアップされていた

すでに300万回以上も再生されていた

さらに“素晴らしい歌声だ(マレーシア)”“鳥肌が立ったわ(アメリカ)”

“なんて美しい歌声なんだ(イタリア)”“彼女が誰だか教えて(アフガニスタン)”

世界中から数千件のコメントが寄せられていた

たまたま その場に居合わせた客が、

ゼンディーを録画して動画サイトにアップしていた

再生回数は日を追うごとに増え、そして…

アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋」からの出演オファーが

この番組でゼンディは全米の視聴者にむけて歌を披露、喝采を浴びた

フィリピンに帰国したゼンディーを待っていたのは、

世界トップシェアを誇るユニバーサルミュージックのプロデューサー

何度もオーディションに落ちた少女が歌手になる夢を叶えた

2013年、ゼンディーのファーストアルバム ZENDEE「I BELIEVE」が発売

フィリピン国内のヒットチャートで2位にランクイン

そしてシンガポール、香港、オーストラリアなど世界各国でライブの依頼が殺到 (1674)

2013年、歌手:島倉千代子が惜しまれつつこの世を去った

昭和歌謡界の大スターだった島倉千代子

しかしそんな彼女の人生は不幸の連続だった

●堕胎

昭和30年、「♪この世の花」でデビューし200万枚の大ヒット

NHK紅白歌合戦には昭和32年から30年連続出場

昭和38年、人気絶頂だった島倉は結婚

相手は当時活躍していた阪神タイガースの藤本勝巳

結婚して程なく藤本は引退し、キャバレークラブを開店

店の経営は全くの素人…赤字が膨らんでいった

そんな苦しい生活の中、島倉は妊娠

アイドル的な存在だった島倉が出産することは、引退を意味した

歌えなければ生活も支えられない…苦悩の末、堕胎する道を選んだ

その後、次第に藤本とも上手くいかなくなり昭和43年に離婚

夫が作った6000万円もの借金を背負った

●16億円の借金

ある日、島倉は事故に遭い失明寸前の大ケガをした

そのケガから救ってくれた眼科医に、いつしか恋心を抱くように

間もなく2人は交際を始めるが、

交際相手からビル建設事業のための資金援助を持ちかけられる

島倉は相手を信じ、多額の資金を援助

さらに島倉は相手に実印を渡してしまう

数か月後、男性は忽然と姿を消し、一切の連絡が取れなくなった

そして島倉の元に残ったのは男性が島倉の名義で作った16億円の借金

現在の価値に換算すると58億円に相当

●死の直前に遺した島倉千代子の最後の歌声

2010年、肝臓ガンを発症

実は長い間、C型肝炎を抱えており、本来は手術が必要だったが、

メスを入れると歌に影響を及ぼす可能性があり、手術は行わなかった

手術をしない選択をした事で病は進行、肝臓ガンを発症した

3年後、病状は末期まで進行

残された時間で何ができるのか?ある決断をする

(死ぬ前に新曲を歌いたい)

島倉は尊敬する南こうせつに新曲を依頼

2013年6月、南こうせつが病床を訪れ、

未完成ながらも新曲のワンフレーズを聞かせた

「この歌は絶対にお蔵入りさせたくないからよろしくお願いします」

レコーディングは半年後の11月15日に決まった

(この歌を歌うまでは死ねない)

ガンと闘いながらも病床で新曲の練習を欠かせなかった

(絶対にレコーディングの日まで生き抜く)

しかし、レコーディングの2週間前、南こうせつの元に島倉から電話が…

「レコーディングを早めてください。私の声が15日まで持たない…」

2013年11月5日、新曲のレコーディングが島倉の自宅で行われた

それは病気を微塵も感じさせない魂のこもった歌声だった

(最後に最高の歌を遺したい)

こうして最後の新曲「♪からたちの小径」は完成した

2013年11月8日、島倉千代子はその生涯を全うした

葬儀で島倉の最後の肉声が初めて公にされた

「私の部屋の中にスタジオが出来て、私は出来る限りの声で歌いました。自分の人生の最後に歌を入れられるってこんな幸せはありません。人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」 (4874)

奇跡体験!アンビリバボーで紹介された男に心が揺さぶられた

●23年ぶりの奇跡のライブ

伝説のバンド:ROGUEの奥野は今…

群馬県にある障碍者支援施設で重度の障害者として暮らしている

正常に動くのは胸から上の部分だけ、肘から先の手も自由がきかない

 

同じ群馬県で生まれた奥野敦士と香川誠は18歳で上京

音楽の専門学校で出会った彼らは意気投合、共にメジャーデビューを目指した

安アパートで一緒に暮らすギリギリの生活

それでも夢だけは諦めなかった

●1985年、2人が中心となり結成したROGUEがメジャーデビューを果たす

代表作は奥野が作詞作曲を手掛けた「終わりのない歌」

1989年、日本武道館で行われた単独ライブで8000人を動員

伝説のバンドとなった

しかし翌年、ROGUEは突如解散

それは奥野の一方的な理由からだった

「解散しようと思ってるんだよね。そろそろ自分のやりたい音楽とかさ、やりたい時期に来てるんだよね」

2人はわだかまりを抱えながら決別

それぞれ新しい道を歩み始めた

奥野はソロ活動のかたわら役者としても活躍、その活動は多岐に渡った

一方、香川もギタリストとして氷室京介らと共演など成功をおさめた

月日が流れるにつれ奥野は、

現実の厳しさを思い知らされるようになっていた

徐々に仕事が減り、生活は荒んでいった

いつしかバンドの仲間が恋しくなっていた

同じくROGUE復活を望んでいた香川

再結成のために荒んだ生活から脱却したい奥野は酒を断つことを決意

解体業の仕事を始め、生活を一変させた

そして夜は復活ライブに向け、曲作りに精を出した

●2008年9月11日、奥野は地上7mの屋根から地面に転落した

目を覚ましたのは事故から数時間後のこと

診断結果は頚椎損傷…奥野は胸から下が全く機能せず、

トイレにも行けない完全介護の身となった

厳しいリハビリが始まった

それは歩けるようになる為ではなく

腕や手なの動く可能性が残っている筋肉をほぐし、

僅かな改善を目的としたものだった

事故から2か月が過ぎた頃、奥野は一人屋上に出た

歌が歌えるか確認するため…だが、

歌を歌うための腹式呼吸ができなくなっていた

その後、香川は一度だけ奥野の見舞いに訪れた

しかし2度と行くことはなかった

2009年4月、ベルトでお腹の圧力を加えれば声が出る事が分かり、

以来、声のリハビリを繰り返した

歌のリハビリを開始してから1年半が過ぎた頃、

奥野は自分が歌っている姿を撮影した

●「終わりのない歌」とは?

上京してみると思い描いていた都会とはちょっと違う

寂しい思いもいっぱいしている、孤独感とか

そういう思いを曲に出来たらなと思って…

歌詞にある“臆病者の鳩がガード下で群れを成して”は

上京した直後の上野駅で見た光景だった

孤独に負けていたら何もできない人生は自分との闘いなんだ

●2018年8月、ミスチルの桜井が車いすで歌う奥野について熱く語った

「奥野さんのような状況になってもクシャクシャの笑顔で楽しくハッピーに歌を歌っていたい」

香川はこのライブを偶然、目にした

会場で流れた映像で初めて奥野の歌声を聴いた

「何だ歌えるんじゃん」

そして香川は奥野の元に向かった

「奥野、ROGUEを再結成しないか?」

どうせやるならと香川の発案でチャリティーコンサートして開催

収益金で福士車両を購入し、前橋市に寄付することになった

 

 

●2013年10月19日、23年ぶりにROGUEが復活した

2013年12月29日、群馬県高崎市で行われたイベントには1000人のファンが訪れていた

再結成を記念してCDが発売されていた

香川「新曲を出し続けないと意味がない」

奥野「ROGUEとしての活動はずっと続けていこうと思う」と語った (4662)

スポンサード リンク