Tag Archives: 第二次世界大戦

●自らの命と引き換えに多くの人を救い慕われる日本人医師:肥沼信次

1908年、東京 八王子で誕生した

外科医だった父:梅三郎の影響を受け、日本医科大学に進学

アインシュタインを知り、ドイツへの強い憧れをもつように

ドイツ生まれのユダヤ人で相対性理論を生んだ天才物理学者

肥沼はアインシュタインの洋書を読み込む中で、

“誰かの為に生きてこそ人生には価値がある”という言葉に強い影響を受ける

日本医科大学を卒業した肥沼は、

現在の東京大学にあたる東京帝国大学医学部で放射線を研究

 

1937年、29歳で憧れのドイツに留学

当時のドイツは、ナチスが台頭し軍事力の強化にまい進

不穏な空気をよそにベルリン大学で放射線の研究に明け暮れる

 

1939年9月、第二次世界大戦勃発

肥沼のいたベルリン大学も戦火に見舞われる危険があった

大使館からの帰国勧告を無視してドイツにとどまった

肥沼は放射線に関する論文を数々執筆し、教授候補になるまでに

終戦間近、ベルリンが攻撃を受け始めると肥沼は、

北部の都市、エーデスバルデに疎開

疎開先の自宅で診療所を開き、地元の人々を診ていた

 

1945年5月9日、ドイツ降伏

終戦から数日が経ったある日、

ソ連軍地区司令部のシュバリング司令官が訪ねてきた

「ヴリーツェンの伝染病医療センターに責任者として来てもらえませんか?」

当時、ヴリーツェンでは、発疹チフスが猛威をふるっていた

ペスト、マラリアと共に歴史上 多くの命を奪ってきた伝染病

ヴリーツェンは難民や捕虜の収容所がまわりに多くあり、

衛生状態が悪くチフスが大流行していた

さらにドイツ人の医者は兵隊にとられ医者が不足している状況

近くの待ちにいた肥沼に白羽の矢が立った

伝染病は専門外だったが、アインシュタインの言葉を思い起こし、

「分かりました。引き受けましょう」と快諾した

 

1945年9月、ヴリーツェンに向かった

伝染病医療センターのスタッフは数人の看護師だけ

他の医師たちは劣悪な環境に逃げていった

「安心して下さい。僕は患者を見捨てて逃げることは絶対にしません」

伝染病医療センターには、次々とチフス患者が運ばれてくる

そんな中、来る者を拒まず、肥沼は1人ですべての患者を診ていった

「先生、もうベッドがいっぱいです。これ以上入院患者を受け入れられません」

「大丈夫、床に藁と毛布を敷いて回復に向かっている患者はそちらの移動してもらって、できるだけ患者さんを受け入れましょう」

「看護師の数も限られているんです!これ以上患者が増えたら衛生状態を保てません」

「お願いします!目の前の命を救うためにあなたたちも頑張ってください」

センターでの治療が終わり、夜になると

病院まで来られない患者の下へ毎日往診に出かけた

スタッフが一丸となって治療にあたる中、薬が不足する事態に

センターにあった薬が底をついた

元々、街にあった3軒の薬局は戦争ですべて破壊され、

薬の入手は不可能な状況

肥沼は週1日の休みを利用して自ら薬の買い付けに奔走

時には大荷物を抱えたまま、徒歩で何十キロも離れた街を周った

 

1946年3月6日、肥沼はチフスの感染

体を酷使し続けてきた肥沼に体力はほとんど残っていなかった

薬を与えようとすると「この薬は他の患者さんに使ってくれ」と拒否

肥沼は最後まで薬を口にすることはなかった

1946年3月8日、肥沼信次 逝去 享年37

この事実は、東西冷戦により半世紀 表に出ることはなかった

 

肥沼の死から43年後、1989年、ベルリンの壁が崩壊

街の人々の後押しで市長や教授が動き、

その1か月後、肥沼の遺族を探す記事が朝日新聞に掲載

その記事を肥沼の弟が見たときにより

日本とドイツ それぞれで肥沼の情報が明らかになった

ドイツでは教科書にも掲載されている (4942)

スポンサード リンク

敵対する部族の首を狩り、権力の象徴や呪術などに用いていた首狩り族

第二次世界大戦の時期に、首狩りの習慣が途絶えたという

1942年、第二次世界大戦当時、日本はブルネイを3年間 統治していた

その間、ブルネイ県と呼ばれ、国民は日本語教育を課せられたていた

 

日本が統治する以前、1800年からブルネイはイギリスが占領していた

当時のイギリスはジャングルに覆われたブルネイに

植民地の魅力を感じておらず、開発作業などを行わなかった

そんな中、日本はイギリスを追い出しブルネイを占領

日本軍には埋蔵資源が豊富なブルネイを軍港として利用する狙いがあった

 

1942年、ブルネイ県知事に就任したのは、

日本軍とは全く違う考えを持った軍人:木村強

就任直後、木村は当時のブルネイ国王の下へ

国王から「何か希望はありますか?」との問いに

「現地のブルネイ人を1人私につけてくれませんか?」

木村は、日本の国益だけを考えて占領するのではなく

ブルネイの発展に力を注ぎたいと考えていた

それを実現するためにブルネイ人を側に置き、

共に行動することが最善と考えた

 

国王が木村の部下に推薦したのは20代の若いブルネイ人青年

木村は占領国である立場にもかかわらず日本の国益だけを考えず、

ブルネイの発展を第一に政策を進めていった

秘書として雇ったブルネイ人青年はとても優秀で木村を大きく助けた

そんな木村が行った政策が、

例えば、ブルネイで天然ゴムが採れる事に注目し、

現地に工場を建て雇用を生み出したり、

道路、電気、通信などのインフラ整備を進めるなど

当時、ジャングルに覆われていたブルネイの発展に大きく尽力した

しかしブルネイを利用したい日本軍からすると、

木村の政策はブルネイ人に甘く無駄なモノに映っていた

「私は他国の人間を奴隷のように扱う事を日本人として恥ずべき事だと考えている。彼らの独立につながる手助けができれば今後彼らも我々を助けてくれるだろう」

木村は目先の利益を求めず、日本人としての品格や誇りを持って接し、

助ける事こそが後の日本の国益につながると考えていた

さらに木村は首狩り族:イバン族の生活整備も進めようとしていた

当時、首狩りを行っていたイバン族は、同じブルネイ人からも敬遠

木村はそんなイバン族もブルネイ人が一丸となり

発展を目指す事こそが国益につながると考えた

当時、イバン族にとって日本軍は侵略者であり、殺し合いを繰り広げた敵

そんな状況の中でも木村は、

危険を顧みず何度もイバン族の下へ足を運んだという

木村はイバン族に信用してもらうため

ジャングルに水道や電気を通し、インフラを整備

さらに木村は国王に掛け合い、

ブルネイにおけるイバン族の地位向上を訴え続けた

こうして木村は70年以上経った今でもイバン族から尊敬される存在になった

 

ブルネイに発展に大きく貢献した木村は、県知事に就任してから

わずか1年で転勤が決まりブルネイを離れることになった

 

そしてその別れの場では、現地の官僚は人目をはばからず男泣きしたという

さらに苦楽を共にし、一緒に働いてきたブルネイ人秘書も泣きながら、

「あなたから学んだようにこの国を立派な国へと成長させます」と誓った 1964年、木村は地元の宮城県に戻り検事の職に就いていた

ある日のこと、東南アジアを飛び回る商社マンが木村の下に

「ブルネイ県知事をつとめていらっしゃった…木村さんですか?」

「はい」「ブルネイの国王があなたを探しています」

 

木村は22年ぶりにブルネイに渡り、新しい国王の下へ向かった

その新国王こそ、22年前、あの秘書をしていたブルネイ人青年だった

ブルネイ県知事に就任した当時、国王は木村の秘書に自分の弟を推薦

現在の国王の父親にあたる

「私はあなたから多くのことを学びました。そのおかげで日本にはまだ及びませんが、ブルネイも発展しつつあります」

「木村さんブルネイで働いて頂けませんか?」

「もう一度ブルネイの為に力を貸して頂けませんか?」

対し木村は「私もずいぶん年を取りました。ですからこれからは遠くからブルネイ国の発展を見守っています」

「分かりました。またお会いできるといいですね」

 

今も多くのブルネイ人は親日家であるという

 

「彼らの独立につながる手助けをできれば…きっと今後彼らも我々を助けてくれるだろう」木村の言葉通り、日本とブルネイの関係は良好、約9割ものの天然ガスが日本へ輸出されている (27072)

スポンサード リンク