Tag Archives: 結婚式

岡山県 アーヴェリール迎賓館の

ウェディングプランナー:久保田藍には忘れられない結婚式がある

2014年6月、別の結婚式場から移動してきた久保田さんが

顧客ファイルを整理していた時のこと

2007年3月11日、西澤尚志様 麻衣様と書かれた古いファイルを見つけた

それから1ヶ月後の2014年7月、久保田さんのもとに一本の電話が入った

 

新郎:西澤尚志さん、新婦:中原麻衣さん

 

2人が出会ったのは2004年、友人の紹介で知り合い、交際がスタート

2006年7月1日、2年目の交際記念日に2人は結婚を決めた

2007年3月11日に結婚式を挙げるため、2人は式場を予約した

 

しかし2006年12月、それは突然 襲ってきた

麻衣さんは突然 記憶を喪失、

夜になると何かに憑りつかれたかのように叫び続けた

原因が分からないまま精神科に入院

入院3日目、麻衣さんは突然 心静止を起こし、大学病院に緊急搬送された

人工呼吸器で心臓は何とか動いているが、

脳が眠っていていつ意識が戻るか分からない状態

さらに意識がないにもかかわらず体が勝手に動き痙攣発作を起こした

 

「結婚式は保留ってことで…いえキャンセルはしません。必ず結婚式はします」

 

意識不明の状態が何か月も続いた

それでも尚志さんは会社勤めの傍ら、

平日は出勤前の1時間、休みの日は1日3度 麻衣さんのもとを訪ねた

寝たきりで硬直している手足の筋肉をマッサージでほぐし、

耳からの刺激が脳に良い影響を与えるのではと、

麻衣さんが好きな曲を聴かせるなど献身的に付き添った

 

入院から5か月、ついに病名が判明、卵巣奇形腫による辺縁系脳炎

そもそもの原因は卵巣にできた腫瘍

異物を排除しようと体が作った抗体が何らかの異常により脳を刺激

その結果、記憶障害、幻覚、運動麻痺など様々な症状を引き起こす恐ろしい病気だった

2007年5月17日、卵巣腫瘍の摘出手術が行われた

それでも尚志さんは毎日 看病を続けた

麻衣さんが意識を失ってから1年が経った頃、麻衣さんの母親から

「もう別の人 探していいから」

「それどういう意味ですか?」

「麻衣はもう治るかどうかも分からない、そんな麻衣の為にあなたの人生を犠牲にしてほしくないの」

「嫌です。僕はもう一度枚の笑顔が見たいんです。お願いします。麻衣のそばにいさせてください」

 

入院から529日目、長い眠りから目を覚ました

しかしカメラを向けても目で追うだけ、

話しかけても返事が返ってこない、意思の疎通は出来なかった

それでも尚志さんは病院へ通う事を決して止めなかった

 

そして入院から3年経った頃、いつものようにマッサージをしていると

表情を失っていた麻衣さんが笑った

立ち上がる事は出来なかったが、日ごとに目覚ましい回復ぶりを示した

入院から1555日(4年3ヵ月)ぶりに退院

 

2012年12月21日、8年越しの結婚式

寝たきりだったため全身の筋肉は衰え、足首は伸び切り、力が入らない

麻衣さんは結婚式で元気になった姿を見せたいと過酷なリハビリを続けた

麻衣さんはバージンロードを両親に支えられながら自分の足で歩いた

2人は永遠の愛を誓った

8年間、待ち続けた式場スタッフも祝福

2015年3月、麻衣さんは両親と一緒に暮らしている

 

ちなみに尚志さんが結婚式をキャンセルしなかったのは、

麻衣さんが意識を取り戻した時、ショックを受けるかもしれないから (3173)

スポンサード リンク

 

●白血病の少女の夢を叶えた結婚式

1995年、サンディエゴでレズリー・リビエラは生まれた

両親と姉と幸せな4人家族

レズリーは地元でも有数の進学校に進んだ

成績は常にトップクラス

学校が終わると病院でボランティア

 

17歳のある日、体中に実に覚えのない痣が出来ていた

すぐに病院で検査をすると、白血病と宣告

絶対に死にたくない

そう思うレズリーには、お嫁さんになる夢があった

18歳になったら結婚しようと約束した恋人:ダニエルがいた

 

転校してきたダニエルを親切に校内を案内したのが出会いのキッカケだった

以来、2人の距離は急激に縮まり、ついには結婚を決意

その想いをすでにレズリーの両親にも伝えていた

 

大好きな彼と結婚したい、その夢を絶対に諦めたくない

後日、詳しい検査をすると医師は治せる白血病と診断

すぐに治療がはじまり、抗がん剤の投与が行われた

しかし抗がん剤の服採用はレズリーを苦しめる

吐き気、倦怠感、抜け毛…

そんなレズリーを支えたのが、恋人のダニエル

髪が抜けて坊主頭にしたレズリーに付き合ってダニエルも坊主になった

 

2013年7月、18歳の誕生日を迎えると2人は結婚式の準備を始めた

白血病を治し誰もが結婚式を挙げられると信じていたが、

血液中のガン細胞が医師の予想を上回るよりスピードで増殖

しかも臓器への転移も確認された

医師はこれ以上の治療を勧めなかった

全身にガンが転移し始め、耐えられない痛みが背中に走る

もはや結婚式どころではなくなっていた

それでも「私 結婚したい…」

両親は悲しみに暮れながらも、レズリーの夢…

ウェディングドレスを着て幸せな結婚式をする、

という夢を叶えてやりたいと思い、ダニエルと共に動き出す

 

ダニエルは学校にお願いし、結婚式の参列者を募った

苦しみに耐え、痛みに耐え、

ついに子供の頃から憧れだった結婚式当日を迎えた

 

2013年11月21日、レズリーは家族が見守る中、準備を整えていく

レズリーは憧れのウェディングドレスを着て、父とバージンロードを歩いた

ダニエルもレズリーとの結婚式を心から喜んだ

幸せそうな2人を多くの参列者が祝った

 

 

結婚式を終えたレズリーは、こう語った

「思い残す事はありません。だって諦めていた夢が叶ったんですから、とても幸せです」

 

その結婚式からわずか2週間後、レズリーは静かにこの世を去った (981)

タカトシの涙が止まらナイトで紹介された

●ウェディングプランナー:大和田浩子さんが泣いた結婚式

「家族の持つエネルギーとかすごいなと実感した1日でした」

2013年4月14日…

「1週間後に病院で結婚式を挙げたいと思ってるんですが…可能でしょうか?」

それは15年付き合っている新郎:鈴木善久と新婦:鈴木麻耶からの依頼

麻耶さんの父親はガンを患い、入院中で余命宣告を受けていた

 

新婦の父:貞臣さんは大学院の研究室にいた時に

アルバイトできた由美子さんと出会い、大恋愛の末に結婚

長女:麻耶さんと長男をもうけ、

一度もケンカした事がない仲睦まじい夫婦だった

しかし15年前、麻耶さんが短大生の時に母:由美子さんがガンで他界

それ以来、男手一つで2人を育てる事になった父

母亡き後も父は全く落ち込む様子もなく、高校に通う長男の弁当を作り、

明るい前のまま父親として子供たちに接してきた

そんなある日、「由美子…」亡き母の名を呼ぶ父の寝言だった

 

そんな父が脳のガンに侵され入院

家にいると心配で眠れなくなる日々が続いた麻耶さんは、

病院に泊まり込むことにした

1ヵ月間、父の面倒を見ながら会社に通う生活が続いていた

入院して1週間で危険な状態が続いて、その後、少し体調が戻った

結婚式をやるなら今しかないと思い、大和田さんに連絡

「家族だけで慎ましくやりたいと思ってるんです」

結婚式まで1週間、ドレスの衣装合わせ、ヘアメイクの打ち合わせなど

急ピッチで準備が進められていった

「花束贈呈の音楽は希望ありますか?」

「サタデーナイトフィーバーを使いたいんです。父と母の初めてのデートで観た映画で、思い出の曲みたいで」

 

そして2013年4月27日 結婚式当日…

父の体調面や他の患者の迷惑を考慮し、

病院内で結婚式を挙げる事に難色を示していた医者やナースも

麻耶さんの想いに胸を打たれたのか、

病室の向かいの小さな部屋を着替えやヘアメイク用に貸してくれた

 

そして父の病室に新郎新婦が入場

「娘の花嫁姿を見たい」という最後の父の願いを叶えた

父を泣かせるつもりが、父の姿を見た途端、

麻耶さんの方が感激し泣いてしまった

父はベッドから起き上がる事も出来ない状態にも関わらず、

全ての力を振り絞って手を叩いていた (2992)

スポンサード リンク