Tag Archives: 障害

2013年5月、岡山のリハビリ病院に勤務する川上麻衣子は、

先輩看護師からある頼みごとをされた

一人の男性患者にメールアドレスを教えていいか?

と聞かれ、軽い気持ちで承諾した

まもなく その男性患者からメールが届いた

“彼氏はいますか?好きな食べ物は何ですか?ご出身はどちらですか?というか、僕のこと分かりますか?”

彼女はメールをくれたのがどの患者なのか、名前を聞いても分からなかった

 

当時、麻衣子さんは故郷熊本から離れた岡山の病院に勤務して4年目

出会いもなく友人もおらず、いずれ熊本に帰りたいという希望もあった

 

そんなとき、突然舞い込んだメールは思いのほか楽しく、

数日おきが毎日、メールが電話に変わるまで2週間もかからなかった

 

麻衣子さんにメールを送ったのは、大上克

以前、麻衣子さんの病院に入院していた患者だった

2年前、克さんは麻衣子さんに目を奪われた

その1年前、克さんは父と共に大工の仕事をしていた

夢は父の跡を継ぐことだった

しかし8mの高さから落下、全身を強く打っていた

直ちに病院に運ばれ緊急手術が行われた

一命を取り留めたものの脊髄を激しく損傷し、半身不随に

身体を動かすことが何より好きだった克さんにとって

それは死刑宣告にも等しいものだった

2010年5月25日は、夢を断たれた人生最悪の日として心に刻まれた

 

7か月後、岡山にあるリハビリ病院へと移った

入院して4か月が過ぎるころには、訓練によってトイレにも一人で行けるようになった

だが下半身が動くことはない…

一生 車いすを手放せない現実を受け入れられず生きる希望など得られなかった

そんなとき、麻衣子さんと出会った

一目惚れから2年、声をかけられないまま克さんの退院が近づいていた

さらに麻衣子さん自身ももう一年経ったら病院を辞める予定となっていた

両親が故郷熊本での結婚を望んでいた

 

退院する日がやってきた

退院後は歯科技工士の専門学校に通うために

徳島の実家には戻らず一人暮らしをする予定だった

「大上さん、いいものあげる。麻衣子ちゃんのメールアドレス。メールしていいって」

「ありがとうございます」

香川に借りた部屋に引っ越すとすぐにメールを送った

“彼氏はいますか?好きな食べ物は何ですか?ご出身はどちらですか?というか、僕のこと分かりますか?”

2人のメールと電話のやり取りが始まった

しかしこの麻衣子さんは克さんの顔も知らなかった

彼に障害があることは明かされたが、会えない分、それは忘れることができた

話が合うことが互いにうれしく、存在が生活の励みとなっていった

「ねぇ克くん会いたいな。ねぇ会いに行ってもいい?」

「もちろん」

 

2013年6月、麻衣子さんは2時間かけて克さんに会いに行った

手動で運転できる車で駅前で彼女を待っていた

「俺、歯科技工士を目指して勉強しているんだ。こんな体になっちゃったけど。誰かの役に立ちたいんだ」

「すごいな、なんか尊敬する」

「違うんだ。実は怪我したとき、ずっと死にたいって思ってた。でも病院で初めて君を見たとき、なんか好きになってさ。なんか頑張ろうって、もう一度頑張ろうって、生きてみようって思ったんだ」

互いに惹かれる気持ちは純粋で、そこには障害も距離も関係なかった

3回目のデートで交際が始まった

しかし知覚異常で絶え間なく襲ってくる 痛みのため、

2人のデートは主に克さんの自宅ばかり

「普通のカップルみたいに流行りの店に連れていけなくて、こんな身体でごめんな」

「克くんの身体なんて私 何とも思っていないよ。なんで謝ったりするの?克くんと一緒にいられるだけで 俺だけで幸せなのに」

以来、克さんは身体のことを口にしなくなった

そして彼はある決意を固める

歯科技工士の国家試験に合格して就職できたら、彼女に結婚を申し込もうと

 

2014年3月、かねてからの予定通り 岡山の病院を退職する日が来た

だが、彼女は実家の熊本には帰らなかった

香川の病院に移り、2人は一緒に暮らし始めた

2015年3月、歯科技工士の国家試験に合格

「熊本行こうか?麻衣子のご両親に挨拶に行ってもいいかな?」「はい」

 

2人は麻衣子さんのご両親がいる熊本に向かった

「お父さん、お母さん、麻衣子さんと結婚させてください。こんな身体だから心配かけてしまうこともあるかもしれません。でも麻衣子さんには迷惑をかけませんので、どうかお許しください」

「麻衣子はもう決めているんだろう?身体がどうとか障害とかも何も気にしないでいい。ただ仕事して家庭を支えていくという当たり前のことをやってくれたらそれでいい」

「ありがとうございます」

 

「私 決めた。入籍5月25日にする」「えっ?」

それは克さんが事故に遭った日、彼にとって人生最悪の日、最も忘れたい日

麻衣子さんに押し切られ、2015年5月25日、2人は入籍

 

5月25日を選んだ理由は、入籍した日に渡された手紙に記されていた

“大好きな克くんへ、2015年5月25日、今日は私にとって特別な特別な日になりました。克くんにとってはどんな日だろう…忘れられない日だよね。だけど生きててくれてありがとう。ほんまにありがとう。まいこが克くんに出逢えたのは、克くんがちゃんと生きててくれて前を向いて歩いてくれたから。まいこが克くんを支えているんじゃなくて、ほんまは克くんがまいこを支えてくれてるんだよ。ありがとう。まいこに出逢ってくれてありがとう。愛してくれたありがとう。まいこより長く生きて。お願い。克くんは忘れたかもしれないけどまいこに前「普通のカップルみたいに俺と手をつないで歩きたいだろ?」って言ったよね?まいこは克くんの後ろを歩くだけで十分幸せだよ。心がつながっているから。手なんかつないで歩けなくてもそれでいい。歩けるようにならなくてもいいよ。まいこは本当に幸せものです。こんなに愛されて大好きな人と一生一緒にいれる。これから先も大変なこといっぱいあるかもしれない、でも2人で乗り越えていこう。今日からは5月25日は最高の日。一緒にお祝いできる日になったね。2015年5月25日、大上麻衣子”

 

2015年8月30日、多くの人たちに祝福されて結婚式を挙げた (1369)

スポンサード リンク
スポンサード リンク