世界が破滅する核戦争を止めたアルヒポフ中佐

 

池上彰解説塾で紹介された核戦争を止めた男

●キューバ危機 世界は核戦争 寸前だった

1962年10月のキューバ危機

キューバにソ連から核ミサイルが運び込まれている事が発覚

当時のケネディ大統領は、軍艦で海上を封鎖

キューバに向かう全ての船を強制的に停止すると宣言

 

この時、ソ連からの貨物船は潜水艦に護衛されながらキューバを目指していた

潜水艦には核魚雷が搭載されていたが、

そうとは知らないアメリカ軍は、潜水艦に向かって爆雷を投下し、

浮上するよう警告していた

 

爆雷は潜水艦の手前で爆発し、直撃は回避

 

しかし潜水艦の艦長は「戦争が始まった!」と確信

深く潜ることで外部との通信ができなくなる潜水艦では、

核使用の判断を場合によっては乗組員に委ねられる

艦長を含めた3名で核魚雷の発射を検討、艦長、副艦の1人は発射を主張

しかし「私は反対だ。本部からの連絡を待つべきだ」

ただ1人断固として反対したアルヒポフ中佐

慌てる艦長たちを何とか説得し、核兵器の使用は直前で中止されたという

 

この事実が明らかになったのは40年後、

「キューバ危機から40年の国際会合」での事

当時の関係者の会合で明らかになり1人の男の反対が

全世界を救ったと称賛された (2378)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク