観光戦隊イセシマンを創った2人の高校生

額には伊勢志摩をかたどったトレードマーク

伊勢志摩の観光と平和を守るご当地ヒーロー

商工会議所で働きながら

週末はイセレッドに変身する澤村哲弥は当時を想い出す

●観光戦隊イセシマンを創った2人の高校生

イセシマンが誕生したのは、30年前

自主製作映画を撮るために作ったキャラクター

当時は伊勢神宮をモチーフにした鳥居がトレードマーク

デザイン画にはすでに観光戦隊イセシマンと名付けられていた

このキャラクターを作ったのが

当時高校1年生だった澤村と小林君という同級生

 

高校卒業後、東京へ出ていた小林さんが久しぶりに地元に戻ってきた

31歳になって再会した2人

その場所は病院、小林さんは31歳の若さでガンに侵されていた

病床の小林さんが、こんな言葉を残した

「町が廃れていくのを見ると子供たちの未来が心配で仕方ないんだ…」

そのわずか数日後、小林さんは他界

 

澤村は、とにかく何かしたい…と小林の分まで伊勢志摩を盛り上げたい!

思い出したのが2人で作ったイセシマンだった

2003年、澤村はたった1人でイセシマンのホームページを開設

最初は伊勢志摩の歴史深い街並みにそぐわないと批判を受けたが、

それでも伊勢志摩の子供たちの笑顔の為に活動を続けた

そして2010年、伊勢志摩観光コンベンション機構から表彰された (757)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク