Tag Archives: アメリカ

2008年 アメリカ カルフォルニア州で悲劇的な事故が起きた
高速道路を走っていた乗用車に後方から大型トラックが衝突
この事故で後部座席に乗っていた3人の幼い命が一度に失われた
運転していたのは、3人の母親だったロリ・コーブルさん
幸せだった家庭が一転、地獄のどん底に突き落とされた
 
●事故で3人の子供を失った母親に起きた1/4000万の奇跡
しっかり者の長男:カイル、少し人見知りな長女:エマ、
お姫様の格好をするのが大好きな次女:ケイティ
そんな子供たちの成長を見守りながらし幸せに暮らしていた
 
そんなある日、長男:カイルの誕生日祝いで遊園地へ行った
夫は仕事だったため、ロリと子供たち3人
その帰り道、車は渋滞に巻き込まれてしまう
遊園地で遊び疲れた子供たちは、みな夢の中
次の瞬間、猛スピードで走ってきた大型トラックに追突された
車の後部座席は跡形もなくなり見るも無残な姿に…
ロリは、すぐに病院に運ばれた
丸一日気を失っていたロリは、脳振とうを起こし、
事故の記憶が一切なかった
「昨日の遊園地の帰り、君の車は事故に遭ったんだ」
「事故?」
「トラックに追突されたんだ」「子供たちは無事なの?」
「落ち着いて聞いてくれ3人とも…死んでしまったんだ」
我が子を3人同時に失い、ロリは泣き崩れた
 
ロリは生きる希望を失い、家でふさぎこむ日々を過ごしていた
子供の声を聞いただけで死んだ我が子を思い出してしまう
「ここにいるのが辛いわ!あの子たちのことが頭から離れないの!わたしがあの子たちを殺したのも同然なのよ。もう生きていく意味がないわ!」
 
ロリは、肉体的にも精神的にも限界に追い込まれていた
このままではロリが自ら命を絶ってしまうかもしれない
そう思った夫は、「もう一度子供を作らないか?」と提案
「いつまでも塞ぎ込んでいても子供たちは喜ばないよ。一緒に前を向いて生きていこう」
 
自分を幸せにしてくれた子供たちに
兄弟を作り、彼らを覚えてもらいたい
その思いを胸に前を向いて生きていこうと決意した
 
1年後、2人に嬉しい知らせが訪れる
「おめでとうございます、妊娠しています。三つ子ですよ!」
さらに「男の子1人、女の子2人です」「信じられない!」
 
この奇跡は、統計上 1/4000万の確率
 
その後、ロリは無事に三つ子を出産
亡くなった3人の命日には、必ず5人でお墓へ行くという

(1558)

スポンサード リンク

2011年11月5日、アメリカ ミネソタ州 ミネアポリス

16歳のエイミーは小児がんのためのチャリティーパーティーに出席した

エイミーを誘ったのは同級生のサミーとザック

実は ザックは骨肉腫と闘っていた

エイミーがダンスを楽しんでいると、右わき腹に鋭い痛みが走った

病院に運ばれたエイミーの病名は盲腸

すぐに手術をし退院すると

サミーが友人を引き連れて見舞いに来てくれた

その中にザックもいた

深刻な病に侵されながら人を気遣うザック

これがきっかけでエイミーとザックは親しくなっていった

 

高校の入学式を直前に控えていたある日、

突如 ザックの関節に異変が起きた

母と病院に行くと骨肉腫と診断された

ザックはすぐに治療を始めることになった

まず3か月間の化学治療、入院して学校には通えなかった

化学療法である程度 腫瘍を小さくしてから摘出した

大腿部を数センチと股関節を切除し、人工関節を入れた

高校に入ったらサッカーをやる夢は断たれた

運動ができない分、ザックが夢中になったのは音楽

幼馴染のサミーと歌うことが楽しみとなった

治療を始めて8か月が経ったころ、肺に新たな腫瘍が見つかった

両肺を開き、腫瘍は取り除かれた

この先は3か月ごとに検査をしていくことになった

高校2年生の時に何とか復学

しかしまた新たな腫瘍が発見され、再び抗がん剤治療となった

「抗がん剤は効いていません。治療は中断しましょう」

と医師に告げられ、もはや手の施しようがないと宣告された

 

エイミーと仲良くなったのは、そのころだった

エイミーはいつもザックを元気にした

ザックはエイミーに心が惹かれていることに気づいていたが、

もし告白しても辛い思いをさせるだけ、そう考えていた

だが好きになる気持ちは止められず、半年悩んだが、

エイミーが自分をどう思っているのか探ってくれないか?

とサミーにお願いした

 

「ザックの気持ちはとてもうれしい。でも私に受け止められるかな?」

「友達と恋人では全然違うもんね」

「サミーならどうする?」

「分からない。私は兄妹みたいなものだから。ザックに恋人ができれば生きる目標ができるからうれしい。本当に好きなら付き合ってあげて」

 

おそらく長くない彼と付き合っていけるのだろうか?

悩んだ結果…エイミーはザックに直接、

「頼りにならないかもしれないけど ずっとあなたと一緒にいたい」

「本当に?やった!信じられないよ」

エイミーはザックを支え、ともに困難と闘うことを決めた

 

その矢先「腫瘍は骨盤まで広がっています。骨盤を半分と左足を切断すれば局所の腫瘍は取り除けますが」

「もういいです」

どんな治療にも前向きだったザックが、初めて手術を拒否した

そしてこの日、余命宣告された。18歳の誕生日を迎えられるか…

死の恐怖、愛する人たちを遺して先立つ悔しさ…

命の期限をエイミーにも告げた

エイミーは一緒に泣いてくれた

病状は刻々と進行し、待ち合わせしても

突如入院することになり行かれないことも

エイミーのために腫瘍の増殖を抑える放射線治療を始めた

 

やがてザックの肺の腫瘍は巨大化、呼吸をするたび痛む

エイミーは学校が終わるとザックが眠るまで一緒に過ごした

ザックはみんなへの想いを「Clouds」というタイトルの歌にしていた

 

すると地元ラジオ局がこのことを知り、

ザックとプロのミュージシャンによって

レコーディングされることになった

愛する人のために作った曲は

You Tubeにアップされ300万回も視聴された

「エイミー 僕 新しい目標ができたんだ。プロムに君をエスコートする」

「本当!約束よ」

プロムはザックの18歳の誕生日の翌日に行われる

ザックは痛みを抑える緩和ケアを受けている状態

起き上がるのがやっとだったが、

エイミーをエスコートする、その一心が彼を奮い立たせていた

2013年5月4日、18回目の誕生日を迎えることができた

 

ザックとエイミーはプロム会場へと向かった

立っているのがやっとのザックは、見事エイミーをエスコートした

2013年5月20日、ザックは家族とエイミーに見送られ、この世を去った

 

ザックの死後、ミネソタ州で行われたチャリティーイベント

約5千人がザックが作った「Clouds」を大合唱

さらにこの曲は、iTunesのダウンロードでトップを獲得 (1250)

スポンサード リンク