Tag Archives: 白血病

1972年、徳島県阿波市生まれ

剛が生まれたとき、母:芳江は40歳、父:一(はじめ)は50歳

高齢出産だったので剛が小学校に入学したころには、

2人とも見た目はお婆さんとお爺さんのようだった

 

学校で授業参観があったとき、

「ひとりだけお婆さんが来とるぞ」「ほんまじゃ婆さんじゃ」

「違うわ。あれ原田の母ちゃんじゃわ」

まわりは若いお母さんでいっぱい、剛は恥ずかしくて堪らなかった

「母ちゃん、恥ずかしいけん、もう来んといてくれ」

「何が恥ずかしいんえ、次も必ず行くけんな」

「ほんなことより剛、授業中もっと手を挙げんか」

「…うるさいわババア」

「親に向こうて何なその口の聞き方は!反省するまでここに入っとき!」

母は怒ると剛を納屋に閉じ込めた。まるで鬼のようだった

そんな母と父の仕事は農家でナスビをいっぱい作っていた

でも年寄りだった2人は一生懸命働いても他の農家のようにお金を稼げず、剛の家は貧乏だった

晩ごはんも 形が悪くて売り物にならないナスビを使ったナスビ料理ばかり

「またナスビか…」

剛はもうナスビを見るのも嫌で、ナスビの鬼に追いかけられる夢まで見た

 

そして剛が10歳の時、学校から帰ると玄関で母が仁王立ち

「どうしたん母ちゃん」「ええから行くじょ」

車で向かった場所は団地だった「ここじゃ」

ざるに盛られたナスビを手渡され「剛、これを一人で一袋100円で売ってきい」

「なんで?」「つべこべ言わんと売って来るんじゃ!」

母は剛に市場で売れないナスを近くの団地に売りに行かせた

 

「ナスビはいりませんか?」

剛は一人で知らない団地のピンポンを押し、一軒一軒訪ねて回った

怖いおっちゃんから「邪魔じゃ!出ていけ!」と怒鳴られても母は助けてくれなかった

他に家でも「ナスビいりませんか?」「ほんなもんスーパーで買うわ!」

結局一つも売れなかった

すると母は「何しとるで剛、ちゃんと声出したんか!明日は絶対 売ってこなアカンでよ」

 

剛は次の日も知らない団地に売りに行かされたが、一つも売れない

そんな剛に母は鬼の顔で怒る

売れなかった母に怒られる、剛は必死で声をあげた

「獲れたての美味しいナスビはいかがですか?いっぱい入ってたったの100円ですよ。お得ですよ」

すると……あの怖いおっちゃんが出てきて「小さいのにえらいの、ほな買うたる」

それから毎日 剛は一人でナスビを売りに行った

だんだん売れるようになってきて剛は楽しくなってきた

 

そんなナスビ売りが1か月くらい続いたころ、突然、団地に行くことが中止になった

それは母が農作業中に倒れ 入院してしまったから

「母ちゃん 何の病気?大丈夫なん?」

「大丈夫に決まっとる」無口な父はどう言ううだけ

母はそれから4年間 入退院を繰り返した

 

そして1987年7月、剛が14歳になったとき、母は息を引き取った

白血病だった

火葬場では母の骨は少ししか残らなかった

何年もキツイ薬を飲んでいたので母の骨はボロボロだった

「剛、これから母ちゃんの分も2人で頑張って生きて行こな」

剛はずっと疑問に思っていたあのことをたずねた

「そういえば父ちゃん、あんとき何で母ちゃんは僕にナスビを売らせたん?」

「剛、お前がナスビを売ってるとき、ほんまは母ちゃんはな、車の中で泣いとったんじゃ」

「えっあの鬼のような母ちゃんが…」

「母ちゃんが死んでも強く生きて行くんじょ、と。母ちゃんは自分が近いうちに死ぬのを分かっとった。ほなけん心を鬼にして剛に生きる方法を教えようとしたんじゃ」

 

“今 大人になったボクは まだまだダメな所もありますが、子供の頃にナスビを売ったことがあるのでどんなしんどいことも平気です。お母さんが天国から見ていてくれるからどんな苦しいことも平気です。そして今ボクはナスビが大好きです” (2513)

スポンサード リンク

TRUE STORYで紹介

もし妹が生まれなければ姉は生きることができなかった

●18歳の姉の命を救うために生まれてきた妹

1987年、アメリカ・ウォルナットに住むアニッサ・アヤラ

体を動かす事が大好きな活発な少女だった

16歳の誕生日、パーティーの最中、突然腹部に大きな痛みを感じた

この日を境に、倦怠感と腹痛を感じるように

1988年3月、パーティーから1週間後、

治まらないお腹の痛みと発熱、母親と共に病院に

検査の結果、慢性骨髄性白血病

進行しているので化学療法が必要だった

10年生存率は25%…「厳しい試合になりそうだけど私 絶対負けない」

 

当時アニッサが助かる方法は、骨髄移植のみ

兄弟間のドナー適合率は1/4、

両親やその他の人々と適合する確率は1/数万

兄:アロンに望みがかけられたが、結果は不適合だった

発症から半年後…

適合したドナーが見つかったが、突然、骨髄の提供を拒否

「他にドナーを見つける方法はないのでしょうか?」

「医師として言うべきではないことかもしれませんが、アニッサと適合する確率が数万分の1しかないドナーよりも兄妹ならば4分の1という高い確率で適合します」

「つまりアニッサに弟か妹が出来れば良いということなんですね?」

 

「あの子を助ける為なら何でもする。骨髄移植のために子供を作る。アニッサの命を救うために生まれてきてもその子は私たちの大切な子ども。愛する人のために命を懸ける それが家族にしかできないこと」

母は父を説得、夫婦は大きな決断を下した

その数か月後、「アニッサ、実はニュースがあるの。新しい兄妹が出来るのよ」

「良かった!これであたしがいなくなっても寂しくないね」

「アニッサ 何言ってるの?あなたの為に生まれてくるのよ」

この事実が、世間の知る事となりマスコミでも大きく報道

命を巡るこの問題は全米を巻き込む大論争となった

 

もし兄妹がドナーとしてマッチしなかったら中絶を繰り返すの?

子供は他の人間の治療道具ではない、など

 

1990年4年、妹:マリッサが誕生、検査の結果 アリッサと適合した

マリッサの体重が増える1年2か月後、骨髄移植が行われ、無事成功した

 

「アニッサを助ける事が出来て本当にうれしい」

姉の命を救うために生まれてきた妹、18歳になったマリッサは語った (1120)

奇跡体験!アンビリバボーで紹介

●息子を助けるために祖国を裏切った体操選手:オクサナ

2012年8月、ロンドン五輪した37歳のオクサナ・チュソビチナ

体操選手として6回も五輪に出場

4回はウズベキスタン、2回はドイツの選手として

1992年、バルセロナ五輪で世界的スターとなった

旧ソ連が構成国で作られた連合体チームとして女子団体で金メダルを獲得

その後、アトランタ五輪、シドニー五輪にも出場

祖国ウズベキスタンでは切手になるほどの国民的英雄となった

私生活では22歳でレスリング選手のバホディルと結婚

さらに長男:アリーシャも授かり、幸せの絶頂にいた

 

2002年、結婚から5年後、息子:アリーシャが急性リンパ性白血病を発症

治療をすれば命は助かる可能性はあった

だが、当時ウズベキスタンは国自体が貧しく、

白血病に有効な化学療法を実施できる病院が国内にはなかった

息子の命を助けるには国外で治療を行うしかない

しかしそれには1600万円もの治療費が必要となる

当時のウズベキスタンの平均月収は都市部でも3万円前後

第一線で活躍するアスリートでも到底払えない金額だった

 

そんな時、ドイツ女子体操コーチ:シャーナから連絡が

「息子さんと一緒にドイツに来ない?」

かつてオクサナはドイツにあった練習場を使わせてもらっていたことがあった

その時、監督を務めていたのがシャーナだった

「ドイツの病院なら最先端の治療が受けられる。治療費に関しても考えがあるの」

 

だがウズベキスタン体操連盟は、

祖国を裏切ってドイツに亡命するのか?と追及

 

当時ウズベキスタンのスポーツ環境は予算も設備も貧弱

一流のアスリートたちがよりよい環境を求め、

外国の国籍を取得し移住する例がいくつもあった

 

「オクサナ、アリーシャの健康を祈ってるわ」とチームメイトから励まされた

 

背中を押されたオクサナは、息子:アリーシャと共にドイツ・ケルンに渡った

治療費は払える時に払う約束で、すぐにアリーシャの治療がスタート

さらにシャーナの計らいで、

ドイツクラブチームの一員としてヨーロッパ各地の大会に出場

クラブチームが対抗する大会では、優勝すると賞金が出るケースが多い

アリーシャの治療費を稼ぐため、彼女は数々の大会に足を運んだ

体操選手のピークは10代後半~20代前半と言われる中、すでに27歳

その上、過去にはアキレス腱を断裂するなど体はボロボロだった

 

一方、アリーシャの病状は一進一退

治療が長引けば長引くほど治療費はかさんでいった

 

さらにオクサナのドイツ行きは、祖国で大々的に報じられ、

ウズベキスタン国民からは 非愛国者、裏切り者と罵られた

 

そんな中、ドイツのチームメイトがオクサナの為に募金活動を開始

ネットでも呼びかけた結果、220万円もの募金が集まった

 

2006年、ウズベキスタンを出てから4年後、アリーシャが白血病を克服した

オクサナは治療費の多くが国の保険でまかなわれるドイツ国籍を取得した

通常は移住から8年かかるが、

彼女のアスリートとしての国際的な活躍が認められ、わずか3年で許可された

ドイツ国籍を取得する場合、元の国籍を放棄しなくてはいけない

国際大会に出場する際、ドイツ代表として出るしかない

息子の為にドイツ国籍を取得した

 

ドイツ代表として出場すれば愛する祖国を捨てることになるのではないか?

 

オクサナは日々葛藤し続けた

 

祖国への想いは揺るがない…

でも支えてくれたドイツの人の為にも恩返しがしたい…

 

その頃、ドイツ女子体操界は低迷していた

息子を治してくれたドイツ体操界の為に、次は自分が力になりたい

 

オクサナはドイツ代表として北京五輪を目指す決意をした

33歳での五輪出場は 当時 女子体操界ではほとんど例がなかった

 

2008年、ドイツ代表を勝ち取ったオクサナが北京五輪に出場

跳馬で銀メダルを獲得した

それは東西統一後、女子体操初のメダル

北京五輪でドイツ体操女子が獲得した唯一のメダルとなった

その後、オクサナは世界選手権、ヨーロッパ選手権にもドイツ代表として出場

数多くのメダルをドイツにもたらした

そして彼女を裏切り者と非難してきた祖国ウズベキスタンから、

代表チームのコーチとして招聘された

2012年、ロンドン五輪にオクサナが37歳で出場

 

現在、オクサナは日本の朝日生命体操クラブで選手 兼 コーチをしている

体操世界選手権2014では、

ウズベキスタン代表として39歳になったオクサナの出場が決定した

ドイツ体操連盟が、彼女の偉業をたたえ、ドイツ国籍を保有したまま

ウズベキスタン代表として出場する事を特例として許可した (1516)

 

●白血病の少女の夢を叶えた結婚式

1995年、サンディエゴでレズリー・リビエラは生まれた

両親と姉と幸せな4人家族

レズリーは地元でも有数の進学校に進んだ

成績は常にトップクラス

学校が終わると病院でボランティア

 

17歳のある日、体中に実に覚えのない痣が出来ていた

すぐに病院で検査をすると、白血病と宣告

絶対に死にたくない

そう思うレズリーには、お嫁さんになる夢があった

18歳になったら結婚しようと約束した恋人:ダニエルがいた

 

転校してきたダニエルを親切に校内を案内したのが出会いのキッカケだった

以来、2人の距離は急激に縮まり、ついには結婚を決意

その想いをすでにレズリーの両親にも伝えていた

 

大好きな彼と結婚したい、その夢を絶対に諦めたくない

後日、詳しい検査をすると医師は治せる白血病と診断

すぐに治療がはじまり、抗がん剤の投与が行われた

しかし抗がん剤の服採用はレズリーを苦しめる

吐き気、倦怠感、抜け毛…

そんなレズリーを支えたのが、恋人のダニエル

髪が抜けて坊主頭にしたレズリーに付き合ってダニエルも坊主になった

 

2013年7月、18歳の誕生日を迎えると2人は結婚式の準備を始めた

白血病を治し誰もが結婚式を挙げられると信じていたが、

血液中のガン細胞が医師の予想を上回るよりスピードで増殖

しかも臓器への転移も確認された

医師はこれ以上の治療を勧めなかった

全身にガンが転移し始め、耐えられない痛みが背中に走る

もはや結婚式どころではなくなっていた

それでも「私 結婚したい…」

両親は悲しみに暮れながらも、レズリーの夢…

ウェディングドレスを着て幸せな結婚式をする、

という夢を叶えてやりたいと思い、ダニエルと共に動き出す

 

ダニエルは学校にお願いし、結婚式の参列者を募った

苦しみに耐え、痛みに耐え、

ついに子供の頃から憧れだった結婚式当日を迎えた

 

2013年11月21日、レズリーは家族が見守る中、準備を整えていく

レズリーは憧れのウェディングドレスを着て、父とバージンロードを歩いた

ダニエルもレズリーとの結婚式を心から喜んだ

幸せそうな2人を多くの参列者が祝った

 

 

結婚式を終えたレズリーは、こう語った

「思い残す事はありません。だって諦めていた夢が叶ったんですから、とても幸せです」

 

その結婚式からわずか2週間後、レズリーは静かにこの世を去った (995)

スポンサード リンク